フラボノイド

フラボノイド

ハーブに関する商品

提供:イラストAC「のこ」様 就寝前や帰宅後にオススメしたいハーブ セントジョンズワート パ...
フラボノイド

イチョウに関する商品

提供:イラストAC「ピアノ」様 おすすめの本
フラボノイド

イチョウとADHD

イチョウは、自閉症、うつ病、不安、ADHDの行動的および認知的側面に影響を与える可能性があるようです。ADHDは脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの不足や異常により注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動が症状として現れるといわれていますが、調査によりテルペントリラクトンはADHDの病因と負の関係にある脳由来神経栄養因子であるノルアドレナリンとドーパミンの減少を制御することがわかってきました。
フラボノイド

古代の薬『イチョウ』

高齢化に伴い認知症が大きな問題となりつつある。認知症には種類があるが近年の日本では血管性認知症ではなく、アルツハイマー型認知症が増加しているようだ。私は認知症といえばイチョウを連想する。というのもイチョウはドイツで脳機能障害の治療薬として利用され、1980年代にはドイツの全薬品中売り上げ第1位を記録した。今回はそんなイチョウについて。
タイトルとURLをコピーしました