商品掲載記事

商品掲載記事

職場や家庭で『ムカついた』時の対策・対処法。ムカつく時はこうしよう!

強い「ムカつき(怒り)」は心を汚染し続けます。プライベートや休日にもネガティブな感情が影響して、思いっきり楽しむことができませんし、周りの人にも悪影響を及ぼします。 つまり「職場で上司にムカつき、それを家に持ち帰って、身内もムカつく」という負の連鎖。これはよくないですね。 そこで今回は「ムカついた(怒り)」時の対処法を仏教と心理療法の視点からご紹介いたします。
邪悪な人によるストレス

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

共感性、感受性、情緒、思いやりの心や罪悪感、恐怖心など、人として重要な多くの要素が欠落したASPD「ソシオパス(社会病質者)」。ASPDとは反社会性パーソナリティ障害のこと。 ソシオパスは精神医学上、当ブログで頻繁に登場する「サイコパス(精神病質)」同様、ASPDに分類されます。 つまり、ソシオパスはサイコパスと(当記事ではマイルドサイコパスのこと)同類。更に有害性はサイコパスに匹敵するため注意が必要です。
邪悪な人によるストレス

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

自己中心的で共感性が無く、支配的で人を陥れることに罪悪感が無い邪悪な性質「ダークトライアド」。このような性質を抱えるサイコパスやナルシスト、マキャベリストに関わるとメンタルが病んでしまいます。ただ、このような人達は基本的にわかりやすく、職場(直属の上司【部下】)や家庭でも無い限り、事前に対処することが比較的可能です。しかし、世の中にはダークトライアドを抱えてはいるが、その邪悪性がわかりにくい人も存在します。
邪悪な人によるストレス

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

この世界には邪悪な人間が多く存在します。邪悪な人間の多くは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれません。つまり、何食わぬ顔で社会に溶け込み、今現在も学校や会社で人を支配し、陥れることで利益を貪っています。これらの虫唾が走るほど不快で陰湿な支配的行為をする邪悪な人のことを『マニピュレーター』いいます。今回はマニピュレーターの支配手口や対策についてご紹介します。比較的多く生息していますので、要注意です。
邪悪な人によるストレス

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

サイコパス(ここでは主に※マイルドサイコパスのこと)、ソシオパス、サディスト、ナルシスト、マキャベリストは自己保身や自己利益、欲求解消のために本能的かつ無意識的に対象者へ心理的虐待を行います。陰湿な例では対象者に関することを改悪または捏造。そして、それらを平然と利用し、あらゆるハラスメントに用いて、対象者を憂鬱や激怒、絶望、自己嫌悪に追い込み、陥れます。また、職場だけでなく、家庭内や学校でも各種ハラスメント(主にモラハラ)やDV、いじめで心理的虐待は行われます。被害を受けたターゲットはストレス過多により、うつ病や不安障害(パニック障害)等の精神障害を発症する可能性も高いため対策(または対処)が必要です。
落ち込む

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

メンタルを強くするということは感情や思考を管理し、どんな状況にも関わらず前向きに行動することを意味します。メンタルを強くするには論理的思考力とストレス耐性が重要です。この記事では2つの方法と即席でメンタルを強化する思考術をご紹介します。
商品掲載記事

ハーブに関する商品

提供:イラストAC「のこ」様 就寝前や帰宅後にオススメしたいハーブ セントジョンズワート パ...
商品掲載記事

イチョウに関する商品

提供:イラストAC「ピアノ」様 おすすめの本
商品掲載記事

アスタキサンチンに関する商品

提供:イラストAC「猫邑シノ」様 おすすめの本
商品掲載記事

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の商品

提供:イラストAC「waka」様 おすすめの本
不安

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

セロトニンが減少すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸(トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減は重要となります。
商品掲載記事

「寒さ」でお困りの方にオススメのハーブ

人間は「寒さ」を感じると活動力が低下、長期になると健康を害し、体だけではなく心をネガティブにします。そんな時には生姜。生姜の力には信頼性があるようです。実際、寒さに生姜という考えも違和感が無く、もはや定番化しています。もちろんそれは生姜パワーの一部に過ぎません。
商品掲載記事

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

一般的には不満や不安、気苦労、睡眠不足、糖分の不足が原因で怒りっぽくなるようです。薬物使用時やニコチン、カフェイン、アルコール依存からの離脱時にも発生します。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、ミネラル、タンパク質などです。
商品掲載記事

「睡眠」でお悩みの方にオススメの商品

メラトニンは自然な眠りを誘い、質の良い睡眠に導くための必要な成分です。そのメラトニンと神経伝達物質の一種セロトニンには深い関係があります。
商品掲載記事

「女性特有の悩み」でお困りの方にオススメの栄養とハーブ

周期による女性の悩みは様々です。心や体に様々な悩みを抱えてしまうことがあり、場合によっては生活に支障をきたすことも・・。オススメの栄養素はミネラル、葉酸、タンパク質、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)などです。
商品掲載記事

「お子様の知的で健康な人生」のためのオススメ商品

提供:photoAC「acworks」様 7歳時点での知能指数は成人後の知能や収入を予測できてしまうようです。そ...
商品掲載記事

「考える力」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

考える力はあらゆる状況下において重要です。仕事や学校はもちろんですが、考える力は私生活においても要求されます。おすすめの栄養素はDHAなどのオメガ3脂肪酸。動物実験では脳のDHAの欠乏がニューロンの発達や変化に影響し、具体的には学習、記憶、聴覚、および嗅覚反応に重大な影響を及ぼすとされています。
邪悪な人によるストレス

「不満」 が溜まっている方にオススメの栄養とハーブ

人間はストレスに晒された時、扁桃体が活性化します。扁桃体が活性化してしまうと些細なストレスにもメンタルが敏感に反応しますので、鎮静化が困難になり長期化する場合があります。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどです。
落ち込む

「深く落ち込む」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

セロトニンは神経伝達物質の一種。安心感やメンタルへの耐性を与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれます。セロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境の改善、日光浴や適度な運動、必須アミノ酸の一種トリプトファンの摂取などが重要になります。ハーブではサフランやブラフミ、高麗人参、セントジョンズワートなどがおすすめ。
商品掲載記事

「年齢による影響」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

年齢による体やメンタルの悩みにはカロテノイド(アスタキサンチンなど)やポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)などの抗酸化物質がおすすめ。
商品掲載記事

「あれ・・・なんだっけ??」が多い方にオススメの栄養とハーブ

「あれ・・・なんだっけ」や「ぼんやり」、「うっかり」でお悩みの方。歳を重ねても知的でありたい方は計算や想像など考えるトレーニングがおすすめ。栄養では特にオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は重要です。
タイトルとURLをコピーしました