怒り

怒り

「悪口や陰口をたたく人」に対する仏教の教え

悪口や陰口を頻繁にたたく人っていますよね。彼(彼女)らは一体、なんなんでしょうか。   正直、腹が立つし、やり返したくもなります。しかし仏教で「復讐とは愚かな行為」であり、次のように戒められています。
商品掲載記事

職場や家庭で『ムカついた』時の対策・対処法。ムカつく時はこうしよう!

強い「ムカつき(怒り)」は心を汚染し続けます。プライベートや休日にもネガティブな感情が影響して、思いっきり楽しむことができませんし、周りの人にも悪影響を及ぼします。 つまり「職場で上司にムカつき、それを家に持ち帰って、身内もムカつく」という負の連鎖。これはよくないですね。 そこで今回は「ムカついた(怒り)」時の対処法を仏教と心理療法の視点からご紹介いたします。
怒り

職場における「怒り」の種類と対策

怒るということは人間として当たり前の反応です。決して間違いではありません。怒りは人類、いや動物にも備わっている感情。現代のようにルールが存在しない大昔、人類は怒ることで侵略者や捕食者を追い払っていました。つまり、怒りは自分や家族、仲間、生活など大切なものを守るための防衛反応。もし、人類に怒りという感情が無かった場合、人類は他の生物によって駆逐あるいは捕食され、絶滅していたかもしれません。 人間が生きていく上で怒りは重要な感情だったのです。 しかし、時は流れ、現代の法治国家、特に日本において大切なものが傷つけられたり、脅威に晒されることは滅多にありません。そこが職場なら尚更です。それでもなお私を含め、多くの方が職場で怒った経験があります。 何故なんでしょう?
怒り

怒りの種類と怒りの裏に隠された障害のタイプ

社会的ルールを乱されたり、多忙な時にトラブルを起こされたり、強引にやり方や意見を押し付けられたり。人は様々な理由で怒ります。もちろん怒りの理由が明確で反応が一時的であり、過剰でもなく暴力的でもなければ、そのような怒りの感情は正常です。ですが、中には通常とは異なる理由で「怒る」人達がいます。通常とは異なる怒りの裏にはパーソナリティー障害やうつ病などの精神障害、薬物、カフェイン、アルコールなどが関係しているかもしれません。
怒り

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

イライラやムカつき。色々不満がありますよね。すごくわかります。多少はスルーできますが、頻繁になるとそうもいきません。メンタルヘルスに良くないです。それに例の精神的な病気を引き起こす可能性も・・。 それは避けたいのでメンタルヘルスに効果的で簡単なメンタルヘルスをご紹介します。この方法は私が昔、不満や憂鬱、緊張している時に使っていたメンタルヘルスにオススメの思考術です。ぜひ、ご覧ください。
商品掲載記事

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

一般的には不満や不安、気苦労、睡眠不足、糖分の不足が原因で怒りっぽくなるようです。薬物使用時やニコチン、カフェイン、アルコール依存からの離脱時にも発生します。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、ミネラル、タンパク質などです。
タイトルとURLをコピーしました