不安

不安

不安を和らげる効果的なメンタルヘルス『扁桃体(へんとうたい)を黙らせる』方法とは

私たちが不安や恐怖に晒された時、脳の「扁桃体(へんとうたい)」と呼ばれる器官が活性化し、副腎からストレスホルモン(コルチゾール等)が分泌されます。しかし不安や恐怖が長期化すると「扁桃体の暴走」によるストレスホルモンの過剰分泌で、コルチゾールは枯渇。さらには前頭前野の機能が低下。そうなると精神と肉体の両方が悪化し、不安障害やうつ病を患う可能性が高くなります。 そこで今回は扁桃体を黙らせる(鎮める)方法をご紹介いたします。
落ち込む

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

お釈迦様が説いた教えである「仏教」。仏教はキリスト教・イスラム教に次いで、東アジアを中心に世界中で広まっている世界宗教の一つ。とはいえ、印象としては触れる機会が少なく、お葬式や神社仏閣に訪れた際、お経を聞くぐらいだと思います。しかし、仏教には現代ストレスや不安を軽減するヒントが多数存在。今回は中部経典に記された、不安や辛い過去を抱える心に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈(いちやけんじゃげ)」をご紹介します。
不安

不安障害の一種『パニック障害』の対処法(治療とセルフケア)

アメリカ人の約2~3%が不安障害の一種『パニック障害』を経験し、男性よりも女性の頻度が高く、男性の約2~3倍とのことです。絶えがたい不安や恐怖を伴うことが多く、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたし、更に長期化すると『うつ病』になる場合もあるので早めの対処(診断やセルフケア)が重要です。
不安

ストレスや不安なメンタルには鮭がオススメ

北海道のアイヌ民族は鮭をカムイチェプ゚(神の魚)、またシペ(本当の食べ物)と呼び、生活の大半をその恵みに依存していたようです。特に鮭に豊富に含まれるアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸はストレスや不安対策に非常に有効な成分です。
不安

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

不安という感情は誰にでも発生しますが多くの場合、一時的で問題が解決すると解消されます。このようなメンタルは問題ありません。ですが、過去のつらい出来事や強烈な怒り、悲しみ、屈辱、羞恥など傷ついたメンタルによる不安は問題です。不安が強くなるといけませんので、不安なメンタルに効果的な「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルスをご紹介いたします。
不安

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

セロトニンが減少すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸(トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減は重要となります。
落ち込む

ストレスとオメガ3脂肪酸

ストレスに関するオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果を裏付けるデータは数多く存在します。人間はストレスに晒された時、体内でストレスホルモンを筆頭に様々な物質を分泌します。それらの物質が過剰になり、長期化すると細胞は損傷し、重大な病の原因となり得ます。またオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の抗ストレス効果については現在も研究が進められています。
不安

不安障害と酸化ストレス

不安障害など精神障害には種類も原因も様々ですが「酸化ストレス」も原因の一つとして考えられているようです。
不安

不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、PTSD、急性ストレス障害、全般性不安障害)について

私たちの多くは不安を感じます。人間関係や仕事、学校、家庭などでトラブルや問題、人間関係に直面したとき一時的に不安を感じますが、このような反応は正常です。 しかし不安障害の場合、不快な反応が過度に身体や精神にあらわれ、一時的に解消されることはなく繰り返し引き起こす可能性があります。また時間の経過とともに悪化し、仕事や人間関係などの日常生活に支障をきたす場合があります。厚生労働省によると不安障害の下位分類に「パニック障害」「恐怖症」「強迫性障害」「PTSD」「急性ストレス障害」「全般性不安障害」などがあるようです。
落ち込む

うつ病とDHA

厚生労働省によると特にうつ病の患者数が増加傾向にあるようです。脳のサプリとして有名なDHAとうつ病について調べてみました。
タイトルとURLをコピーしました