不安

ストレス

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

お釈迦様が説いた教えである「仏教」。仏教はキリスト教・イスラム教に次いで、東アジアを中心に世界中で広まっている世界宗教の一つ。とはいえ、印象としては触れる機会が少なく、お葬式や神社仏閣に訪れた際、お経を聞くぐらいだと思います。しかし、仏教には現代ストレスや不安を軽減するヒントが多数存在。今回は中部経典に記された、不安や辛い過去を抱える心に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈(いちやけんじゃげ)」をご紹介します。
ストレスと転職

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

コロナ禍の今日、今の仕事を続けていくことに不安な方も多いと思います。会社勤めが安心だったのは昔の話。実際、コロナの影響で多くの方が職を失いました。そして、今後更に100種類を超える職種がAI化やシステム化により淘汰される可能性があるとのこと。しかも少子化やコロナの影響を受け、更に加速するといわれています。会社やAIに人生を左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。スキルがあれば会社では評価され、報酬もアップ。独立も夢じゃありません。スキルの中でも「プログラミング」、「デザイン」、「英語」は特にオススメ。是非ご覧ください。
不安

新型コロナウイルス感染症から回復後もメンタルヘルス問題(うつ病、不安神経症、認知症など)を引き起こす可能性が非常に高いようです

新型コロナウイルス感染症は国内でも多くの感染者および使者を出すに至っています。重篤な症状では呼吸困難、胸痛、言語障害、運動機能の喪失などに陥るとのこと。また、新しい研究によると回復後もうつ病や不安神経症などの精神障害や認知症を発症する高い可能性が示唆されており、感染後(または回復後)のメンタルヘルス対策も重要であるのことです。
ストレス

不安障害の一種『パニック障害』の対処法(治療とセルフケア)

アメリカ人の約2~3%が不安障害の一種『パニック障害』を経験し、男性よりも女性の頻度が高く、男性の約2~3倍とのことです。絶えがたい不安や恐怖を伴うことが多く、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたし、更に長期化すると『うつ病』になる場合もあるので早めの対処(診断やセルフケア)が重要です。
ストレスと転職

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

コロナ禍の問題もあり、プログラマーは基本、在宅ワークがメインで全て自宅で完結します。そのため職場特有の人間関係のストレスが皆無になりますので、転職(再就職)をオススメします。それに将来性も高く、現在すでに世界中で人手不足の状態なんです。仕事の将来を不安に思う必要性はありません。
アミノ酸

転職・就職活動の「不安・緊張メンタル対策」。面接当日にオススメの朝食と思考術

転職・就職活動といえば「面接」はつきもの。面接当日の朝は緊張しますし、時間も食欲も無いですよね。とはいえ、空腹状態で面接に臨むのだけは絶対やめた方がいいです。空腹状態は緊張や不安を悪化させます。それに頭の回転も悪くなる。緊張が悪化すると、自己アピールができなくなり、せっかくの準備も活かすことができなくなります。そこで今回は転職・就職活動などの重要イベント「面接」の緊張や不安メンタルを解消する「朝食」や「思考術」をご紹介します。
アミノ酸

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

プレゼンやスピーチ、商談、転職、就職活動の面接などで緊張や不安を感じたこと一度ぐらいはあると思います。また、そのようなイベントだけではなく、この長期ストレス社会において、不安や緊張のメンタルはかなり身近になってきました。そしてあの重苦しく、ネガティブな気分はできれば味わいたくないもの。今回はそんな気分を吹き飛ばすメニューをご紹介いたします。
オメガ3脂肪酸

ストレスや不安なメンタルには鮭がオススメ

北海道のアイヌ民族は鮭をカムイチェプ゚(神の魚)、またシペ(本当の食べ物)と呼び、生活の大半をその恵みに依存していたようです。特に鮭に豊富に含まれるアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸はストレスや不安対策に非常に有効な成分です。
不安

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

不安という感情は誰にでも発生しますが多くの場合、一時的で問題が解決すると解消されます。このようなメンタルは問題ありません。ですが、過去のつらい出来事や強烈な怒り、悲しみ、屈辱、羞恥など傷ついたメンタルによる不安は問題です。不安が強くなるといけませんので、不安なメンタルに効果的な「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルスをご紹介いたします。
不安

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

セロトニンが減少すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸(トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減は重要となります。
オメガ3脂肪酸

ストレスとオメガ3脂肪酸

ストレスに関するオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果を裏付けるデータは数多く存在します。人間はストレスに晒された時、体内でストレスホルモンを筆頭に様々な物質を分泌します。それらの物質が過剰になり、長期化すると細胞は損傷し、重大な病の原因となり得ます。またオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の抗ストレス効果については現在も研究が進められています。
カロテノイド

不安障害と酸化ストレス

不安障害など精神障害には種類も原因も様々ですが「酸化ストレス」も原因の一つとして考えられているようです。
不安

不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、PTSD、急性ストレス障害、全般性不安障害)について

私たちの多くは不安を感じます。人間関係や仕事、学校、家庭などでトラブルや問題、人間関係に直面したとき一時的に不安を感じますが、このような反応は正常です。 しかし不安障害の場合、不快な反応が過度に身体や精神にあらわれ、一時的に解消されることはなく繰り返し引き起こす可能性があります。また時間の経過とともに悪化し、仕事や人間関係などの日常生活に支障をきたす場合があります。厚生労働省によると不安障害の下位分類に「パニック障害」「恐怖症」「強迫性障害」「PTSD」「急性ストレス障害」「全般性不安障害」などがあるようです。
オメガ3脂肪酸

うつ病とDHA

厚生労働省によると特にうつ病の患者数が増加傾向にあるようです。脳のサプリとして有名なDHAとうつ病について調べてみました。
タイトルとURLをコピーしました