落ち込む

落ち込む

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

仕事中とはいえ、落ち込んでいる時や悲しい時、憂鬱な時、絶望している時。そんなネガティブな時に仕事したくないですよね。 しかし、そうもいきません。なるべく早めに気持ちを切り替えたいところです。そんな時は気分が乗らなくても人のために何かをしてみましょう。周りの人を楽しくさせたり、仕事を手伝ったり。余裕がなければ大切な人を想うだけでも大丈夫です。人のために何かをすることで『オキシトシン』が分泌され、メンタルを癒してくれます。
不安

新型コロナウイルス感染症から回復後もメンタルヘルス問題(うつ病、不安神経症、認知症など)を引き起こす可能性が非常に高いようです

新型コロナウイルス感染症は国内でも多くの感染者および使者を出すに至っています。重篤な症状では呼吸困難、胸痛、言語障害、運動機能の喪失などに陥るとのこと。また、新しい研究によると回復後もうつ病や不安神経症などの精神障害や認知症を発症する高い可能性が示唆されており、感染後(または回復後)のメンタルヘルス対策も重要であるのことです。
ストレス

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

メンタルを強くするということは感情や思考を管理し、どんな状況にも関わらず前向きに行動することを意味します。メンタルを強くするには論理的思考力とストレス耐性が重要です。この記事では2つの方法と即席でメンタルを強化する思考術をご紹介します。
落ち込む

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

誰しも落ち込む時があります。悩んでも仕方がないことを悩み続けてしまいますよね。どうしようもない過去をほじくり出して、イジっては傷つき落ち込んでしまいます。メンタルヘルスに良くありません。とはいえ多くの場合、短期的なもの。落ち込むことが長期間続くことはあまり無いと思います。ですが長期化(悪化)する場合もあります。これは非常に良くない。そこでメンタルに効果的な思考術と生活習慣、栄養、ハーブをご紹介します。
女性の悩み

「PMS」より深刻な病「PMDD」

月経前不快気分障害(PMDD)は重症の月経前症候群(PMS)です。日常生活に支障をきたすレベルの精神症状(攻撃性、うつ症状、睡眠障害、うつ症状、希死念慮など)があらわれます
落ち込む

うつ病かもしれない7つの身体的症状

うつ病は悲愴感や絶望感、憂鬱、無気力などメンタルに症状が現れるイメージがありますが、場合によっては身体に痛みや異常、不快感などの症状が発生することもあります。
オメガ3脂肪酸

「産後うつ」とオメガ3脂肪酸

出産後、「マタニティブルー」よりも重度で長続きする「産後うつ」を引き起こす場合があります。マタニティブルーとは違い、産後うつ病は出産後1年以内に発症し、数か月から数年続くこともあるとのこと。育児や日常生活に支障をきたすとされています。
脳に関する栄養素

かぜ薬には抗うつ剤の様な効果がある!?

かぜ薬。いわゆる総合感冒薬。ドラックストアやディスカウントストアに行くと様々な総合感冒薬が販売されています。そんなかぜ薬ですが、なんと抗うつ剤のような働きが!?
アミノ酸

身近なものでメンタルケア「緑茶」

緑茶に含まれるテアニンには抗不安作用と鎮静作用があるといわれています。
オメガ3脂肪酸

うつ病に効く動物性食品のトップは・・

最近の研究を元に抗うつ効果の基準を満たす12の必須栄養素が特定されたようです。それらをバランスよく含む食品とは!
商品

「深く落ち込む」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

セロトニンは神経伝達物質の一種。安心感やメンタルへの耐性を与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれます。セロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境の改善、日光浴や適度な運動、必須アミノ酸の一種トリプトファンの摂取などが重要になります。ハーブではサフランやブラフミ、高麗人参、セントジョンズワートなどがおすすめ。
落ち込む

冷え性とうつ病

実はこわい冷え性。免疫を低下させるので癌や心筋梗塞の可能性も。また体だけではなくメンタルまで影響をおよぼします。冷え性は代謝を悪化させるのでセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど「うつ病」と関係する神経伝達物質の不足を加速させます。悪化させないためにも様々な方法で体を温めましょう。
オメガ3脂肪酸

うつ病とDHA

厚生労働省によると特にうつ病の患者数が増加傾向にあるようです。脳のサプリとして有名なDHAとうつ病について調べてみました。
オメガ3脂肪酸

脳のサプリ『DHA』

DHAはもはや脳の栄養素として有名です。胎児期からも必要とされる成分なので妊娠中の方はもちろん、お年寄りまで積極的に摂取してください。・・・とはいえ、日頃から「DHAを豊富に含む青魚を取り入れた食生活を送る」というのは料理の手間やコストを考えると大変です。それに魚嫌いのお子様にとっては過酷かもしれません。そんなときはサプリメントを取り入れて食生活を楽にしましょう。
カロテノイド

抗酸化最強『アスタキサンチン』

アスタキサンチンは鮭や鯛、オキアミ、エビ、カニなどに含まれる赤の色素成分『カロテノイド』の一種です。抗酸化力がズバ抜けて高く近年注目されている成分。抗炎症作用もあり成人病予防に期待できます。
オメガ3脂肪酸

アルツハイマー型認知症とDHA

脳のサプリメントとして有名なDHAと世界で増加傾向にある難病アルツハイマー型認知症の関係について
カロテノイド

アスタキサンチンと脳の病気

アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強く、近年話題になっている成分です。
オメガ3脂肪酸

血液のサプリ『EPA』

EPAはオメガ3脂肪酸の一種。脳の栄養素として有名なDHAと一緒に摂取すると脳だけでなくCVD(心臓・血管など循環器における疾患)の予防につながります。
オメガ3脂肪酸

アスタキサンチンで有名『クリルオイル』

クリルオイルに含まれる『オメガ3脂肪酸』はリン脂質結合型。つまり吸収性に優れます。そしてもう1つの赤い色素成分『アスタキサンチン』の抗酸化作用は非常に高いため、健康維持に大きく貢献します。
フラボノイド

古代の薬『イチョウ』

高齢化に伴い認知症が大きな問題となりつつある。認知症には種類があるが近年の日本では血管性認知症ではなく、アルツハイマー型認知症が増加しているようだ。私は認知症といえばイチョウを連想する。というのもイチョウはドイツで脳機能障害の治療薬として利用され、1980年代にはドイツの全薬品中売り上げ第1位を記録した。今回はそんなイチョウについて。
オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは

青魚食べていますか?青魚の多くはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。「脂(あぶら)」といえば悪者のイメージがあります。しかしオメガ3脂肪酸は悪者どころかとても重要な脂質なんです。αリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸をオメガ3脂肪酸といいます。基本的には血中コレステロール値を改善し、炎症を和らげ血液、血管、筋肉、眼、皮膚、脳など全身へ有益な働きをする特脂肪酸が多いことが特徴です。
タイトルとURLをコピーしました