新型コロナウイルス感染症から回復後もメンタルヘルス問題(うつ病、不安神経症、認知症など)を引き起こす可能性が非常に高いようです

コロナウィルス
提供:photoAC「胡麻油」様

新型コロナウイルス感染症は国内でも多くの感染者および使者を出すに至っています。重篤な症状では呼吸困難、胸痛、言語障害、運動機能の喪失などに陥るとのこと。また、新しい研究によると回復後もうつ病や不安神経症などの精神障害や認知症を発症する高い可能性が示唆されており、感染後(または回復後)のメンタルヘルス対策も重要であるのことです。

新型コロナウイルス感染症とメンタルヘルスの悪化

コロナウィルスによるメンタルヘルスの悪化
提供:photoAC「beauty-box」様

新しい研究によると、COVID-19患者のほぼ20%が、診断から3か月以内にうつ病、不安神経症、認知症などのメンタルヘルスの問題を発症しました。<中略>医師たちは、COVID-19が精神的健康問題の発生率の上昇に関連していると長い間疑っていました。

healthline『People with COVID-19 More Likely to Develop Depression, Anxiety, and Dementia

英国の新しい研究によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染した人々は、回復した後に精神障害を発症する可能性が非常に高いとのこと。

TheLancetで発表された、新型コロナウイルス感染症患者の18%は診断から3か月以内に、うつ病、不安神経症、認知症などのメンタルヘルス問題を引き起こしたとのことです。その割合は新型コロナウイルスに感染していない人々と比較して2倍であり、新型コロナウイルス感染症がメンタルヘルスの悪化に関与している可能性が高いようです。

またエクアドルにおいても新型コロナウイルス感染症と診断された人々が一般的に不安神経症、不眠症、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に罹患したとのこと。

新型コロナウイルス感染症が脳に与える影響

脳およびメンタルヘルスに与える悪影響
提供:photoAC「pasta」様

研究によると新型コロナウイルス感染症が単なる呼吸器疾患ではなく、脳を含む多くの重要な臓器に到達する可能性があるとのことです。

そのため、多くの新型コロナウイルス感染症患者が高頻度で「錯乱、めまい、せん妄、その他の認知障害」などの神経学的合併症を体験するようです。

「新型コロナウイルスが中枢神経系に対してどのように作用するのか」については現在、調査中とのことです。 ただ、新型コロナウィルスが脳への血液供給阻害に関与しその結果、脳に炎症が起きている可能性があるとのこと。

LeMonda氏は「ウイルスが中枢神経系に直接影響を与える場合、これは重大な神経学的および精神医学的疾患を引き起こす可能性があります。また、呼吸器系の障害は脳への酸素供給を減少させる可能性がある」と述べています。

またStern氏によると「免疫機能とメンタルヘルスの間には強い相関関係があります。新型コロナウイルス感染症は人の体内時計を乱す可能性があり、睡眠を損ない、不眠症を引き起こし、雪だるま式にうつ病、不安、またはその他の認知変化を引き起こす可能性がある」と述べています。

同様にSaltz氏は「不安が高いと循環コルチゾールが増加し、免疫力の低下など、健康への影響が示唆される」とのことです。

まとめ

研究によると新型コロナウイルス感染症と診断された人は回復後にうつ病や不安神経症、認知症、気分障害を発症するリスクが高くなるようです。

また、感染が脳への血液と酸素の流れを阻害し、場合によっては脳浮腫を引き起こす可能性があるとのこと。

新型コロナウイルスが脳と中枢神経系に及ぼす影響の詳細については調査中とのことです。

セルフケアの推奨

セルフケア
提供:photoAC「熊澤充」様

COVID-19を発症した場合は、医師のアドバイスに耳を傾け、身体の健康を優先することが重要です。健康的な食事を維持し、一貫した睡眠スケジュールを守り、可能な場合は身体を活発に保ちます。

healthline『People with COVID-19 More Likely to Develop Depression, Anxiety, and Dementia

Saltz氏によると「深呼吸、注意深い瞑想、筋肉の弛緩などのリラクゼーション法を試すことをお勧めします」とのことです。

手軽にできる瞑想の一種「瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)」の紹介やメンタルヘルス向上に効果的な栄養やハーブを紹介しています。ストレスや緊張、不安対策にもなりますので是非、ご覧ください。

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

参考文献

healthline『People with COVID-19 More Likely to Develop Depression, Anxiety, and Dementia』
https://www.healthline.com/health-news/people-with-covid-19-more-likely-to-develop-depression-anxiety-and-dementia

タイトルとURLをコピーしました