2020-07

フラボノイド

古代の薬『イチョウ』

高齢化に伴い認知症が大きな問題となりつつある。認知症には種類があるが近年の日本では血管性認知症ではなく、アルツハイマー型認知症が増加しているようだ。私は認知症といえばイチョウを連想する。というのもイチョウはドイツで脳機能障害の治療薬として利用され、1980年代にはドイツの全薬品中売り上げ第1位を記録した。今回はそんなイチョウについて。
タイトルとURLをコピーしました