病気やメンタルの状態

ストレスと転職

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

幼い時に植え付けられた歪んだ価値観「称賛されない = 愛されない」と高すぎる自尊心。悪質な環境下で形成された「ナルシスト(NPD)」は常に周囲からの絶え間ない称賛を求め(愛情を求め)生きるようになります。ですが、一般的な社会生活において、それ(称賛の追求)は容易なことではありません。 そこで彼(彼女)らは最低でも自尊心を維持しようと防衛本能からの衝動で人を虐げ、悪質な優位性に浸り、自尊心を回復する(誤魔化す)ことで、メンタルの維持を図ろうとします。具体的には心理的虐待を中心とする「ハラスメント」や「いじめ」など。特に心理的虐待の一種「ガスライティング」はナルシストが頻繁に用いる陰湿かつ邪悪な手法であるため、要注意です。
ストレス

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

お釈迦様が説いた教えである「仏教」。仏教はキリスト教・イスラム教に次いで、東アジアを中心に世界中で広まっている世界宗教の一つ。とはいえ、印象としては触れる機会が少なく、お葬式や神社仏閣に訪れた際、お経を聞くぐらいだと思います。しかし、仏教には現代ストレスや不安を軽減するヒントが多数存在。今回は中部経典に記された、不安や辛い過去を抱える心に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈(いちやけんじゃげ)」をご紹介します。
ストレスと転職

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。
ストレスと転職

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

共感性、感受性、情緒、思いやりの心や罪悪感、恐怖心など、人として重要な多くの要素が欠落したASPD「ソシオパス(社会病質者)」。ASPDとは反社会性パーソナリティ障害のこと。 ソシオパスは精神医学上、当ブログで頻繁に登場する「サイコパス(精神病質)」同様、ASPDに分類されます。 つまり、ソシオパスはサイコパスと(当記事ではマイルドサイコパスのこと)同類。更に有害性はサイコパスに匹敵するため注意が必要です。
ストレスと転職

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

二次性ナルシシズムは『自己愛性パーソナリティー障害』といわれています。 自己愛性パーソナリティー障害を有する人は自分が他人より優れていると信じており、周りからの称賛や評価を過剰に求めます。また人に対する傲慢性や操作性があり、劣っている人を見下す傾向が強く、共感性が欠落しているため、人間関係の構築に支障をきたします。
ストレスと転職

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

自己中心的で共感性が無く、支配的で人を陥れることに罪悪感が無い邪悪な性質「ダークトライアド」。このような性質を抱えるサイコパスやナルシスト、マキャベリストに関わるとメンタルが病んでしまいます。ただ、このような人達は基本的にわかりやすく、職場(直属の上司【部下】)や家庭でも無い限り、事前に対処することが比較的可能です。しかし、世の中にはダークトライアドを抱えてはいるが、その邪悪性がわかりにくい人も存在します。
ストレスと転職

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

この世界には邪悪な人間が多く存在します。邪悪な人間の多くは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれません。つまり、何食わぬ顔で社会に溶け込み、今現在も学校や会社で人を支配し、陥れることで利益を貪っています。これらの虫唾が走るほど不快で陰湿な支配的行為をする邪悪な人のことを『マニピュレーター』いいます。今回はマニピュレーターの支配手口や対策についてご紹介します。比較的多く生息していますので、要注意です。
落ち込む

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

仕事中とはいえ、落ち込んでいる時や悲しい時、憂鬱な時、絶望している時。そんなネガティブな時に仕事したくないですよね。 しかし、そうもいきません。なるべく早めに気持ちを切り替えたいところです。そんな時は気分が乗らなくても人のために何かをしてみましょう。周りの人を楽しくさせたり、仕事を手伝ったり。余裕がなければ大切な人を想うだけでも大丈夫です。人のために何かをすることで『オキシトシン』が分泌され、メンタルを癒してくれます。
怒り

職場における「怒り」の種類と対策

怒るということは人間として当たり前の反応です。決して間違いではありません。怒りは人類、いや動物にも備わっている感情。現代のようにルールが存在しない大昔、人類は怒ることで侵略者や捕食者を追い払っていました。つまり、怒りは自分や家族、仲間、生活など大切なものを守るための防衛反応。もし、人類に怒りという感情が無かった場合、人類は他の生物によって駆逐あるいは捕食され、絶滅していたかもしれません。 人間が生きていく上で怒りは重要な感情だったのです。 しかし、時は流れ、現代の法治国家、特に日本において大切なものが傷つけられたり、脅威に晒されることは滅多にありません。そこが職場なら尚更です。それでもなお私を含め、多くの方が職場で怒った経験があります。 何故なんでしょう?
怒り

怒りの種類と怒りの裏に隠された障害のタイプ

社会的ルールを乱されたり、多忙な時にトラブルを起こされたり、強引にやり方や意見を押し付けられたり。人は様々な理由で怒ります。もちろん怒りの理由が明確で反応が一時的であり、過剰でもなく暴力的でもなければ、そのような怒りの感情は正常です。ですが、中には通常とは異なる理由で「怒る」人達がいます。通常とは異なる怒りの裏にはパーソナリティー障害やうつ病などの精神障害、薬物、カフェイン、アルコールなどが関係しているかもしれません。
ストレスと転職

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

コロナ禍の今日、今の仕事を続けていくことに不安な方も多いと思います。会社勤めが安心だったのは昔の話。実際、コロナの影響で多くの方が職を失いました。そして、今後更に100種類を超える職種がAI化やシステム化により淘汰される可能性があるとのこと。しかも少子化やコロナの影響を受け、更に加速するといわれています。会社やAIに人生を左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。スキルがあれば会社では評価され、報酬もアップ。独立も夢じゃありません。スキルの中でも「プログラミング」、「デザイン」、「英語」は特にオススメ。是非ご覧ください。
ストレスと転職

サイコパスにおける20の特徴と対処法

サイコパス(当記事では※マイルドサイコパスのこと)は保身や利益、欲求解消のために人を利用または支配します。良心や罪悪感、共感性が欠落しているという特徴を有し、そのため人を陥れることに抵抗が無く、常習化しています。厄介なのは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれないこと。つまり、サイコパスは社会に溶け込んでいますので、既にあなたの身近に潜んでいるかもしれません。 この記事ではサイコパスにおける20の特徴と対処法をご紹介します。
ストレスと転職

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

サイコパス(ここでは主に※マイルドサイコパスのこと)、ソシオパス、サディスト、ナルシスト、マキャベリストは自己保身や自己利益、欲求解消のために本能的かつ無意識的に対象者へ心理的虐待を行います。陰湿な例では対象者に関することを改悪または捏造。そして、それらを平然と利用し、あらゆるハラスメントに用いて、対象者を憂鬱や激怒、絶望、自己嫌悪に追い込み、陥れます。また、職場だけでなく、家庭内や学校でも各種ハラスメント(主にモラハラ)やDV、いじめで心理的虐待は行われます。被害を受けたターゲットはストレス過多により、うつ病や不安障害(パニック障害)等の精神障害を発症する可能性も高いため対策(または対処)が必要です。
不安

新型コロナウイルス感染症から回復後もメンタルヘルス問題(うつ病、不安神経症、認知症など)を引き起こす可能性が非常に高いようです

新型コロナウイルス感染症は国内でも多くの感染者および使者を出すに至っています。重篤な症状では呼吸困難、胸痛、言語障害、運動機能の喪失などに陥るとのこと。また、新しい研究によると回復後もうつ病や不安神経症などの精神障害や認知症を発症する高い可能性が示唆されており、感染後(または回復後)のメンタルヘルス対策も重要であるのことです。
ストレス

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

メンタルを強くするということは感情や思考を管理し、どんな状況にも関わらず前向きに行動することを意味します。メンタルを強くするには論理的思考力とストレス耐性が重要です。この記事では2つの方法と即席でメンタルを強化する思考術をご紹介します。
ストレス

不安障害の一種『パニック障害』の対処法(治療とセルフケア)

アメリカ人の約2~3%が不安障害の一種『パニック障害』を経験し、男性よりも女性の頻度が高く、男性の約2~3倍とのことです。絶えがたい不安や恐怖を伴うことが多く、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたし、更に長期化すると『うつ病』になる場合もあるので早めの対処(診断やセルフケア)が重要です。
女性の悩み

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

生理痛やPMSによる集中力低下や情緒不安定などの様々な症状は作業効率の低下や人間関係を悪化させます。そして、PMSへの理解が無い職場では更に深刻。理解してもらえないという「ツラさ」が加わり、ストレスや不安でメンタルが悪化します。そんな方には「在宅プログラマー」へ転職(再就職)がおすすめです。
ストレスと転職

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

コロナ禍の問題もあり、プログラマーは基本、在宅ワークがメインで全て自宅で完結します。そのため職場特有の人間関係のストレスが皆無になりますので、転職(再就職)をオススメします。それに将来性も高く、現在すでに世界中で人手不足の状態なんです。仕事の将来を不安に思う必要性はありません。
アミノ酸

転職・就職活動の「不安・緊張メンタル対策」。面接当日にオススメの朝食と思考術

転職・就職活動といえば「面接」はつきもの。面接当日の朝は緊張しますし、時間も食欲も無いですよね。とはいえ、空腹状態で面接に臨むのだけは絶対やめた方がいいです。空腹状態は緊張や不安を悪化させます。それに頭の回転も悪くなる。緊張が悪化すると、自己アピールができなくなり、せっかくの準備も活かすことができなくなります。そこで今回は転職・就職活動などの重要イベント「面接」の緊張や不安メンタルを解消する「朝食」や「思考術」をご紹介します。
アミノ酸

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

プレゼンやスピーチ、商談、転職、就職活動の面接などで緊張や不安を感じたこと一度ぐらいはあると思います。また、そのようなイベントだけではなく、この長期ストレス社会において、不安や緊張のメンタルはかなり身近になってきました。そしてあの重苦しく、ネガティブな気分はできれば味わいたくないもの。今回はそんな気分を吹き飛ばすメニューをご紹介いたします。
ストレスと転職

身近に潜む危険なストレス要因。5つのタイプ「サイコパス・サディスト・ナルシスト・反社会性・ ? 」

世の中には様々な人間がいます。法律やルールを守り、人に迷惑をかけないのであれば多くの場合、誰だって問題無いと思いますし、色んな人がいてくれた方が楽しくて退屈しません。しかし、中には過去の体験が原因なのか、生まれ持っての資質なのか・・、それを考えると同情しますが「危険なストレス要因」となる人間もいます。特にサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性タイプには要注意。
ストレスと転職

職場の危険生物によるストレスとメンタルヘルス

「思考力低下」「希死念慮(死にたいと願う)」「強い倦怠感」「憂鬱」などに陥るストレスは危険です。そしてストレス要因の多くが人間関係によるもの。特に上司との人間関係が大半を占めていますが、危険な上司タイプをご存知ですか?対処法とメンタルヘルス対策をご紹介します。
ストレスと転職

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

ストレスを強く感じる状況(職場)を最近では「ストレスフル」と呼ぶようです。あなたの職場が「ストレスフル」な職場で、周りの方にこのような「変化」があれば、メンタルを病んでいる可能性が高いため、できるだけ気にかけていていただけたらと思います。
落ち込む

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

誰しも落ち込む時があります。悩んでも仕方がないことを悩み続けてしまいますよね。どうしようもない過去をほじくり出して、イジっては傷つき落ち込んでしまいます。メンタルヘルスに良くありません。とはいえ多くの場合、短期的なもの。落ち込むことが長期間続くことはあまり無いと思います。ですが長期化(悪化)する場合もあります。これは非常に良くない。そこでメンタルに効果的な思考術と生活習慣、栄養、ハーブをご紹介します。
ストレス

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

イライラやムカつき。色々不満がありますよね。すごくわかります。多少はスルーできますが、頻繁になるとそうもいきません。メンタルヘルスに良くないです。それに例の精神的な病気を引き起こす可能性も・・。 それは避けたいのでメンタルヘルスに効果的で簡単なメンタルヘルスをご紹介します。この方法は私が昔、不満や憂鬱、緊張している時に使っていたメンタルヘルスにオススメの思考術です。ぜひ、ご覧ください。
オメガ3脂肪酸

ストレスや不安なメンタルには鮭がオススメ

北海道のアイヌ民族は鮭をカムイチェプ゚(神の魚)、またシペ(本当の食べ物)と呼び、生活の大半をその恵みに依存していたようです。特に鮭に豊富に含まれるアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸はストレスや不安対策に非常に有効な成分です。
不安

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

不安という感情は誰にでも発生しますが多くの場合、一時的で問題が解決すると解消されます。このようなメンタルは問題ありません。ですが、過去のつらい出来事や強烈な怒り、悲しみ、屈辱、羞恥など傷ついたメンタルによる不安は問題です。不安が強くなるといけませんので、不安なメンタルに効果的な「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルスをご紹介いたします。
オメガ3脂肪酸

ADHDに対するオメガ3脂肪酸の効果

ADHDの方は何らかの問題でドーパミンが不足しているとされています。ドーパミンは神経伝達物質の一種ですが、オメガ3脂肪酸は神経伝達物質に大きく関与します。事実、オメガ3脂肪酸の欠乏はドーパミン作動性およびセロトニン作動性システムを変化させ、特定の脳受容体に影響を与えることが判明しているようです。
ADHD

ADHDと避けるべき食品や栄養

ADHDは小児期の最も一般的な神経発達障害の1つ。通常、小児期に診断され、成人期まで継続する場合もあります。ADHDの子供は注意力の低下や衝動的な行動の制御に苦労し、とても活動的になります
女性の悩み

「PMS」より深刻な病「PMDD」

月経前不快気分障害(PMDD)は重症の月経前症候群(PMS)です。日常生活に支障をきたすレベルの精神症状(攻撃性、うつ症状、睡眠障害、うつ症状、希死念慮など)があらわれます
女性の悩み

PMS・PMDDに対するオメガ3脂肪酸の効果

オメガ3脂肪酸は主にマグロやサバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。オメガ3脂肪酸は脳の構成、維持に必要不可欠であり、精神障害や認知症、成人病、月経異常(PMS・PMDD等)、更年期障害など幅広く期待されています。
女性の悩み

女性のつらい悩み「PMS」

多くの女性は月経に至るまでの数日間(周期の後半)に不快な症状(神経過敏や情緒不安定など)を経験します。症状には個人差があり、200種類以上とも言われています。月経開始とともに軽快ないし消失する症状を月経前症候群(PMS)と呼びます。
落ち込む

うつ病かもしれない7つの身体的症状

うつ病は悲愴感や絶望感、憂鬱、無気力などメンタルに症状が現れるイメージがありますが、場合によっては身体に痛みや異常、不快感などの症状が発生することもあります。
病気やメンタルの状態

犯罪やいじめを抑止するオメガ3脂肪酸

犯罪やいじめ、各種ハラスメント等の人を不快にさせる行為も含め、どうにもならないのでしょうか。加害者の心理は理解できませんが、せめてそのような心理に効果的な栄養素をご紹介します。
オメガ3脂肪酸

「産後うつ」とオメガ3脂肪酸

出産後、「マタニティブルー」よりも重度で長続きする「産後うつ」を引き起こす場合があります。マタニティブルーとは違い、産後うつ病は出産後1年以内に発症し、数か月から数年続くこともあるとのこと。育児や日常生活に支障をきたすとされています。
脳に関する栄養素

かぜ薬には抗うつ剤の様な効果がある!?

かぜ薬。いわゆる総合感冒薬。ドラックストアやディスカウントストアに行くと様々な総合感冒薬が販売されています。そんなかぜ薬ですが、なんと抗うつ剤のような働きが!?
アミノ酸

身近なものでメンタルケア「緑茶」

緑茶に含まれるテアニンには抗不安作用と鎮静作用があるといわれています。
病気やメンタルの状態

うつ病や癌、糖尿病、筋トレに話題の緑色のアレ

近年話題になっている緑色のアレの旬は11月~3月。北海道で最も多く収穫され、次に愛知、埼玉だそうです(※2012年のデータ)。
オメガ3脂肪酸

うつ病に効く動物性食品のトップは・・

最近の研究を元に抗うつ効果の基準を満たす12の必須栄養素が特定されたようです。それらをバランスよく含む食品とは!
不安

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

セロトニンが減少すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸(トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減は重要となります。
怒り

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

一般的には不満や不安、気苦労、睡眠不足、糖分の不足が原因で怒りっぽくなるようです。薬物使用時やニコチン、カフェイン、アルコール依存からの離脱時にも発生します。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、ミネラル、タンパク質などです。
女性の悩み

「女性特有の悩み」でお困りの方にオススメの栄養とハーブ

周期による女性の悩みは様々です。心や体に様々な悩みを抱えてしまうことがあり、場合によっては生活に支障をきたすことも・・。オススメの栄養素はミネラル、葉酸、タンパク質、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)などです。
ストレス

「不満」 が溜まっている方にオススメの栄養とハーブ

人間はストレスに晒された時、扁桃体が活性化します。扁桃体が活性化してしまうと些細なストレスにもメンタルが敏感に反応しますので、鎮静化が困難になり長期化する場合があります。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどです。
商品

「深く落ち込む」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

セロトニンは神経伝達物質の一種。安心感やメンタルへの耐性を与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれます。セロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境の改善、日光浴や適度な運動、必須アミノ酸の一種トリプトファンの摂取などが重要になります。ハーブではサフランやブラフミ、高麗人参、セントジョンズワートなどがおすすめ。
商品

「あれ・・・なんだっけ??」が多い方にオススメの栄養とハーブ

「あれ・・・なんだっけ」や「ぼんやり」、「うっかり」でお悩みの方。歳を重ねても知的でありたい方は計算や想像など考えるトレーニングがおすすめ。栄養では特にオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は重要です。
オメガ3脂肪酸

ストレスとオメガ3脂肪酸

ストレスに関するオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果を裏付けるデータは数多く存在します。人間はストレスに晒された時、体内でストレスホルモンを筆頭に様々な物質を分泌します。それらの物質が過剰になり、長期化すると細胞は損傷し、重大な病の原因となり得ます。またオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の抗ストレス効果については現在も研究が進められています。
カロテノイド

不安障害と酸化ストレス

不安障害など精神障害には種類も原因も様々ですが「酸化ストレス」も原因の一つとして考えられているようです。
フラボノイド

イチョウとADHD

イチョウは、自閉症、うつ病、不安、ADHDの行動的および認知的側面に影響を与える可能性があるようです。ADHDは脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの不足や異常により注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動が症状として現れるといわれていますが、調査によりテルペントリラクトンはADHDの病因と負の関係にある脳由来神経栄養因子であるノルアドレナリンとドーパミンの減少を制御することがわかってきました。
落ち込む

冷え性とうつ病

実はこわい冷え性。免疫を低下させるので癌や心筋梗塞の可能性も。また体だけではなくメンタルまで影響をおよぼします。冷え性は代謝を悪化させるのでセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど「うつ病」と関係する神経伝達物質の不足を加速させます。悪化させないためにも様々な方法で体を温めましょう。
不安

不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、PTSD、急性ストレス障害、全般性不安障害)について

私たちの多くは不安を感じます。人間関係や仕事、学校、家庭などでトラブルや問題、人間関係に直面したとき一時的に不安を感じますが、このような反応は正常です。 しかし不安障害の場合、不快な反応が過度に身体や精神にあらわれ、一時的に解消されることはなく繰り返し引き起こす可能性があります。また時間の経過とともに悪化し、仕事や人間関係などの日常生活に支障をきたす場合があります。厚生労働省によると不安障害の下位分類に「パニック障害」「恐怖症」「強迫性障害」「PTSD」「急性ストレス障害」「全般性不安障害」などがあるようです。
ストレス

ストレス

現代社会においてストレス対策は欠かせません。「病は気から」とはよく言ったものです。ストレスはあらゆる病気の原因であり、悪化の原因でもあります。具体的には「うつ病」がその代表ですが、うつ病をきっかけに炎症性サイトカインが過剰となり「心臓病」「癌」「関節炎」など重大な病気を引き起こす可能性があります。
オメガ3脂肪酸

うつ病とDHA

厚生労働省によると特にうつ病の患者数が増加傾向にあるようです。脳のサプリとして有名なDHAとうつ病について調べてみました。
オメガ3脂肪酸

脳のサプリ『DHA』

DHAはもはや脳の栄養素として有名です。胎児期からも必要とされる成分なので妊娠中の方はもちろん、お年寄りまで積極的に摂取してください。・・・とはいえ、日頃から「DHAを豊富に含む青魚を取り入れた食生活を送る」というのは料理の手間やコストを考えると大変です。それに魚嫌いのお子様にとっては過酷かもしれません。そんなときはサプリメントを取り入れて食生活を楽にしましょう。
カロテノイド

抗酸化最強『アスタキサンチン』

アスタキサンチンは鮭や鯛、オキアミ、エビ、カニなどに含まれる赤の色素成分『カロテノイド』の一種です。抗酸化力がズバ抜けて高く近年注目されている成分。抗炎症作用もあり成人病予防に期待できます。
オメガ3脂肪酸

アルツハイマー型認知症とDHA

脳のサプリメントとして有名なDHAと世界で増加傾向にある難病アルツハイマー型認知症の関係について
カロテノイド

アスタキサンチンと脳の病気

アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強く、近年話題になっている成分です。
オメガ3脂肪酸

血液のサプリ『EPA』

EPAはオメガ3脂肪酸の一種。脳の栄養素として有名なDHAと一緒に摂取すると脳だけでなくCVD(心臓・血管など循環器における疾患)の予防につながります。
オメガ3脂肪酸

アスタキサンチンで有名『クリルオイル』

クリルオイルに含まれる『オメガ3脂肪酸』はリン脂質結合型。つまり吸収性に優れます。そしてもう1つの赤い色素成分『アスタキサンチン』の抗酸化作用は非常に高いため、健康維持に大きく貢献します。
フラボノイド

古代の薬『イチョウ』

高齢化に伴い認知症が大きな問題となりつつある。認知症には種類があるが近年の日本では血管性認知症ではなく、アルツハイマー型認知症が増加しているようだ。私は認知症といえばイチョウを連想する。というのもイチョウはドイツで脳機能障害の治療薬として利用され、1980年代にはドイツの全薬品中売り上げ第1位を記録した。今回はそんなイチョウについて。
オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは

青魚食べていますか?青魚の多くはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。「脂(あぶら)」といえば悪者のイメージがあります。しかしオメガ3脂肪酸は悪者どころかとても重要な脂質なんです。αリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸をオメガ3脂肪酸といいます。基本的には血中コレステロール値を改善し、炎症を和らげ血液、血管、筋肉、眼、皮膚、脳など全身へ有益な働きをする特脂肪酸が多いことが特徴です。
タイトルとURLをコピーしました