ADHDと避けるべき食品や栄養

ADHDの子
提供:photoAC「Hades」様

ADHDとは
ADHDは小児期の最も一般的な神経発達障害の1つ。通常、小児期に診断され、成人期まで継続する場合もあります。ADHDの子供は注意力の低下や衝動的な行動の制御に苦労し、とても活動的になります1)。

ADHDの症状

子どもたちが集中して行動することに苦労するのは当然のことですが、ADHDの子ども達はこれらの行動が非常に困難。また症状が重度になる可能性があり、学校、自宅など日常生活において支障をきたす場合があります。

・不注意
・多動性
・衝動性
・多くの空想
・忘却や紛失
・多弁
・人間関係の構築に難

参考:1)

ADHDの原因

原因と危険因子は不明ですが、現在の研究では遺伝学が重要な役割を果たしていることが示唆されているようです。また遺伝学に加えて、研究者は以下の要因を含む危険因子を研究しているとのこと。
・脳損傷
・妊娠中または若い年齢での環境(鉛など)への暴露
・妊娠中のアルコールとタバコの使用
・早産
・低出生体重

参考:1)

ADHDと避けるべき食品と栄養

食品添加物、精製糖、アレルゲンはADHDの方にとってはかなり有害なようです。

下記の脂肪酸欠乏症・・・オメガ3脂肪酸など有益な脂肪酸の欠乏による症状

注意欠陥多動性障害(ADHD)は多動性で複雑であり、多面的な治療アプローチが必要です。栄養管理は、これまで比較的無視されてきた側面の1つです。食品添加物、精製糖、食品過敏症/アレルギー、脂肪酸欠乏症などの栄養素はすべてADHDに関連しています。行動に問題のある多くの子供たちが、彼らの行動に悪影響を与える可能性のある1つまたは複数の食品成分に敏感であるという証拠が増えています。

Roseanne Schnoll 1, Dmitry Burshteyn, Juan Cea-Aravena
ncbi『Nutrition in the treatment of attention-deficit hyperactivity disorder: a neglected but important aspect

様々な研究が特定の添加物(着色料等)やアレルゲンの除去、および栄養豊富な食品の摂取の両方の食事がADHDに役割を果たすことが実証されてきているようです。ですが、遺伝的多型や食物過敏症などの個人差が原因であることも留意せねばなりません。

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

参考文献

1)
cdc『What is ADHD?』
https://www.cdc.gov/ncbddd/adhd/facts.html

タイトルとURLをコピーしました