婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』
提供:photoAC「acworks様」

家や車の維持費にローン、食費、電気、ガス、水道、通信費、保険などなど。
どんなに節約しても一定のお金は必要です。
さらにお子さんひとりにかかる費用は2千万円以上(※大学に進学させた場合)。

結構な額です。
やはり理想はハイスペック男子。
婚活で相手に経済力を求めてしまうのは当然といえるでしょう。
ですが、それだけで相手を判断するのは危険です。

責任感や道徳心、共感性に欠けた「サイコパス(マイルドサイコパス)」や「ソシオパス(高機能ソシオパス)」と呼ばれる人たち。

彼らも割と高収入なんです。

そんな人と結婚して毎日がモラハラ地獄とならないよう、一度ご覧ください。

高評価=高所得?

高所得者は高評価されているのか?
提供:photoAC「きなこもち様」

例えばネット婚活(あるいは結婚相談所)で知り合った彼。

そんな彼は高所得者。

でもちょっと待ってください。

そもそもなぜ、彼は高収入なんでしょうか?

業種にもよりますが一般企業で働く勤め人の場合、高所得者とは高評価を得ている人のこと。
会社から高い評価を得ているということです。

会社が社員を評価する手法にはいくつかの種類があります。

具体的には実績や能力、協調性、責任感、勤務態度を元に目標管理(MBO)、コンピテンシー評価、360度評価のような評価手法で総合的かつ客観的に評価するわけです。

ただしこれは、人事評価制度が充実している会社の場合。

もし、彼に対する人事評価が特定の権力者による主観的判断に限定されている場合は注意が必要です。

出世するサイコパス

出世するサイコパス
提供:photoAC「bBear様」

人事評価が特定の権力者に限定される場合、何が問題なんでしょうか。

その権力者の能力や裁量にもよりますが、基準が不明瞭で客観性に欠ける人事になりかねません。

まともな社員のモチベーションは下がり、気に入られた者だけが出世するようになります。

そのような組織は「サイコパス(マイルドサイコパス)」や「ソシオパス(高機能ソシオパス)」にとって、もっとも活躍しやすいフィールド。

彼らは知的で弁が立ち、魅力的な場合があります。さらに共感性や道徳心が欠如しているため、利益目的で平然とハラスメントやガスライティングで人を犠牲にします。※ガスライティングについては後半で紹介します。

つまり権力者に気に入られやすく、利益や欲望のためなら手段を選びません。
それは会社だけじゃなく家庭、すなわち結婚生活でも同じこと。
保身や出世のために犠牲となった他の社員は未来のあなたです。
そんな人を生涯のパートナー候補にするのだけは避けましょう。

顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

3組に1組は離婚する国『日本』

サイコパスによるモラハラ
提供:photoAC「bBear様」

結婚相手がサイコパスやソシオパスだったら、生活はどうなってしまうのでしょうか。

相手の度合いにもよりますが、ずばりハラスメントやガスライティングと向き合う過酷な日々です。

具体的にはサイコパスの場合、モラハラ(モラルハラスメント)が特徴的で、ソシオパスの場合はそれにDV(ドメスティックバイオレンス)が加わります。

両者とも反社会性パーソナリティーに属しますが、タイプが微妙に異なるわけです。

簡単にいえばサイコパスは冷淡でソシオパスは感情的。

いずれにしても心身ともに疲れ果て、心神耗弱。そうなってしまうと婚姻関係の破綻もあり得るでしょう。

「3組に1組は離婚する」といわれる日本において、それは決して他人事ではありません。

くれぐれも相手を経済力だけで判断しないようにしましょう。

  

  はじめる婚活 まじめな出逢い【スマリッジ】

関連記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

タイトルとURLをコピーしました