なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~

当ページはアフィリエイト広告を利用しています

記事内に広告が含まれています。
なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~
提供:photoAC「黒たまご。様」

「ド〇えもん」でいうところの「ス〇夫」の心理についてです。

いや、例えがちょっとクリーン過ぎますね…。昔の「ド〇えもん」のジャイ〇ンとス〇夫って結構、酷い「いじめ」をの〇太にしていたんですが、今では割とソフトに表現されているようです(最近ド〇えもん見ないので、よくわかりませんが)。

それはさておき「いじめ加害者」、特に「陰湿なタイプのいじめ加害者」には、多くの場合それに寄り添う人間がいるわけです。「ド〇えもん」のス〇夫的ポジションですね。

「取り巻き連中」とでも言いましょうか。

そして耳を澄ませば、だいたいターゲットの陰口で盛り上がっています。

まぁ兎にも角にも、まともな人からすると不快な光景です。

そもそも、情報化社会の今日において「そういうことをするのは良くないことだ」、「かっこ悪いことだ」と気付かされるシーンは、多々あると思うんですけどね。

いじめ加害者と加担者、被害者の構図は何年、何十年、何百年経っても、なくなりません。そしてこのテーマについては、もはや世界共通でしょう。

今回は「いじめ加害者」に寄り添う人たち「いじめ加担者」についてご紹介します。

ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

フライングモンキー

フライングモンキー
提供:photoAC「ぱりゅーん様」

有害ナルシストに寄り添う、そんな取り巻き連中のことを「フライングモンキー」と呼びます。

名前の由来は「オズの魔法使い」に登場するキャラクターからきているようです。魔女が汚れ仕事をするために送り込んだキャラクターであり、そういった経緯もあって、有害ナルシストの代理人を示すフレーズ(スラング?)として使われるようになりました。

有害ナルシストについては、当ブログで多数記事にしていますが、概要をざっくり説明すると、周囲からの絶え間ない称賛を日常的に求め、評価や実績などの外的価値を、たとえば他人を蹴落とし、おとしいれてでも手に入れようとするやからのことです。

しかも、有害ナルシストは脆弱なメンタルを抱えているので、外的価値を得られない場合はさらに厄介。

特定の人物(ターゲット)を虐げ、悪質な優越ゆうえつに浸ることで自尊心を回復し、メンタルの維持を図ろうとします。

「いじめ」やハラスメントはその典型。

そんな彼(彼女)らに加担しているのが、フライングモンキーなのです。

じゃあ、フライングモンキーも同類なの?

と、思うかもしれませんが、モンキー化する人の範囲は広く、動機は様々。

そうです。

言い換えれば「まともな人であってもフライングモンキーになる可能性がある」ということです。


なぜ、いじめ加害者に寄り添うのか?

なぜいじめ加害者に寄り添うのか?
提供:photoAC「黒たまご。様」

フライングモンキー化する人の心理には、様々な要因が関与していて、状況や背景によって異なりますが、いくつか紹介してみましょう。

保身

いわゆる自己保身。ナルシスト側に立つことで、その社会における安全や社会的地位を確保するのが目的です。この場合、ナルシストの地位や権力、人脈を利用している可能性も多いにあるでしょう。

曖昧な価値観

価値観が曖昧あいまいなら、倫理観も曖昧。当人が社会人なら驚くべきことですが「人としてやっていいこと、いけないこと」の分別ができないわけです。そのため簡単に流されてしまう。今日の情報化社会で、善悪の判断ができないというのは信じられないことですが、これも比較的多いパターンじゃないでしょうか。

孤立

社会的に孤立しているわけです。多くの場合、人は孤立するのを恐れます。そのため、ひとりが嫌だからナルシストに寄り添うわけですが、その関係について自身が、どう思っているのかまではわかりません。

自己肯定感が低い

ある特定の自己肯定感が低い人というのは、自分に価値はないと感じています。そのため誰かに認めてもらわないと自我を維持できません。承認欲求と呼ばれるものです。ですので、たとえばナルシストと共に誰かを「いじめ」ることで、共に笑い、共に怒り、悪質な連帯感を深め……、要するにナルシストから認めてもらうことで、自己肯定感を高めようとするわけです。

洗脳

厄介なナルシストは洗脳、または操作することで、人を支配する傾向があります。そのような能力に長けたナルシストはマニピュレーターとも呼ばれ、ゾッとするほど巧妙かつ陰湿な手口で、白を黒に染めてしまいます。具体的には善良なAに対しての敵意を、Bに抱かせることも容易だということです。これこそが「まともな人であってもフライングモンキーになる可能性がある」と言われる所以です。

同類

「類は友を呼ぶ」というやつです。たとえばヒソヒソ話、陰口というのは、言ってしまえば秘密の共有。秘密を共有をすることで、似た者(ナルシスト)同士の間柄ならば、お互いの承認欲求が満たされwin-win。さらにはターゲットを虐げて優越に浸ることができ、共に脆弱な自尊心を維持することができます。まさに一石二鳥。とはいえ、ターゲットありきの関係であり、1対1だと共有するものが皆無。しかもナルシストの性質上、プラスとプラスの人間関係になってしまうので、結果的に長続きしません。

まとめ

まとめ
提供:photoAC「映那みくる様」

先述の通り、洗脳のようなケースでは、誰もがフライングモンキーになる可能性があるということ。

そこに悪意はないのかもしれません。

しかしながら「フライングモンキー(いじめ加担者) = いじめ共犯者」のようなもの。

最悪、仮に被害者が自殺した場合どうでしょうか。

「(加害者と)つるんでいただけで、俺が直接何かしたわけじゃない!」

「私は(加害者と)一緒にいただけ!」

とかそんなことを、ご遺族が聞いて納得するでしょうか?

するわけがありません。

所詮は共犯者なんです。

おすすめ記事

【JavaScriptライブラリ『jQuery』プログラミング】レトロなブラウザゲームをつくってみたよ!^^)

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

邪悪な人に関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

『マニピュレーター』対策と弱点について。邪悪な人たちを寄せ付けない『忍びの心得』

『暗示』を得意とする邪悪な人。マニピュレーターによる洗脳とその手口について

マニピュレーターになる原因とは。共感力が欠落する経緯について。

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

陰湿な嫌がらせと『カバートアグレッション』の違いと対処法について

脆弱型ナルシストに利用され、腐敗しはじめている会社の特徴5選

なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

フレネミー? いいえ、その人は『パラノイア』です。ちょっとしたことで敵へと豹変する人たちについて

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

無愛想な人と仕事をするときの心構え

周りの目(他人の目)が気になる人への処方箋

多くの人がついやってしまう『人から嫌われる不快な行動5選』

本物のぼっち【シゾイドパーソナリティ障害】。職場で『ぼっち』になったらどうしよう。この記事を読んでいるあなたなら大丈夫。【新社会人および就活者向け】

なぜ『おとなしい人』は意地悪な人から目を付けられるのか。なぜなら『承認欲求が強い人』と『おとなしい人』との相性は最悪だからです

HSPで仕事や人間関係に疲れる。そして生きづらい。もう限界だと思っている方へのシンプルな対処法

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう