邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について
提供:photoAC「さるですが。様」

「他人の不幸は蜜の味」という言葉があります。

しかし本当に不幸な人を前に、とてもそんな気持ちになんてなれません。悲しくなり、いたたまれない気持ちになります。もちろん、多くの方がそう感じることでしょう。

でも例えば自分が不幸で心病んでいるそんな時。自分よりも不幸な他人をみては「あぁ、私だけじゃないんだな」とホッとしたり、「私はまだ良い方だ」とポジティブになったり。そのぐらいだったら恥ずかしながら私にも思うところがあります。

ですが今回ご紹介するのは、そんな次元の話ではありません。

深刻な不幸を鑑賞しては喜び、しかもそれに飽き足らず他人に苦しめたり、恐怖による支配で快楽を貪る人たちが存在します。

サディスト

サディズムを抱えた人「サディスト」とは
提供:photoAC「マイペイ様」

サディスティックパーソナリティ障害(SPD)を有する人とはサディズムを有する人。つまり他人の不幸【不快・苦痛・苦悩・絶望など】を単に鑑賞するだけでなく、対象を陥れ、苦しめてでも快楽を得ようとする人のこと。すなわち真性のサディスト。

ただ、新しいDSM(アメリカ精神医学会による精神疾患の診断基準)にサディスティックパーソナリティ障害は含まれていません。ですので今となっては有効な診断カテゴリではなく、SPDの原因は依然として解明されていませんが、研究は現在も続けられています。

邪悪で危険なパーソナリティの集合体

サディストと危険なパーソナリティの集合体
提供:photoAC「ぺるみけさん様」

SPDはASPD(反社会性パーソナリティ障害)やNPD(自己愛性パーソナリティ障害)など、他のパーソナリティ障害と高確率で並存する場合があるようです。

それはつまり、どういうことかと言うとサイコパス(ASPD)の冷淡さとサディストの「獰猛さ」を兼ね備えている者がいたり、あるいはナルシスト(NPD)のように自尊心が高く(実は脆弱)、自己陶酔的な性質とサディストの「残虐性」を持つ者が存在するということ。

実際、テオドール・ミロンによるとサディストを4つのサブタイプに識別しています。

・激発型サディスト
屈辱や不満、絶望、憤怒により突発的な暴力的行為を振るうタイプ。激発型サディストは常に不機嫌かつ好戦的であるため、事前に察知することは不可能とされている。

・暴君型サディスト
4つのタイプの中で最も残酷なタイプ。激発型サディストのように、突発的かつ感情的に鬱憤を解放するタイプではなく、残忍な振る舞いでターゲットを戦慄させ支配することに快楽を覚えるタイプ。情緒不安定で脆い自尊心を内に秘め、相手を屈服させることで優越と快楽に浸ろうとする。

・強要型サディスト
このタイプのサディストは権威的な職に就く者に多くみられる。非常に厄介なタイプで、その社会における合法的な権威や理念、合理性、ルールを後ろ盾にしてターゲットを厳しく罰したり、各種ハラスメントを行う。そのため多くの場合、その行為は見過ごされ、結果として裁かれることもあまりない。

・惰弱型サディスト
他とは異なるタイプのサディスト。惰弱型サディストは非情に臆病である。そのためパニックに陥りやすく、危険を察知すると正当な理由もなく、自分の先入観や思い込み、妄想などで先制攻撃や敵対的行為、アジテーションを仕掛けてくる。つまり平和的解決の前にスケープゴート(生贄)をつくりだし、それを攻撃することでターゲットや周囲に対して強者を演じ、印象づけをおこなう。そうすることで臆病な性質を覆い隠し、自尊心を高め、保身を図ろうとする。

 【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座

サディストと悪質な社会問題

サディストと悪質な社会問題
提供:photoAC「YosD様」

先述の通り、いつ犯罪を犯しても不思議ではない、そんな性質を有しているわけですが、とはいえ日本という国で、サディストが大手を振って歩くことは困難であり、そんな本能を剥き出しにすれば刑務所に収監されるだけ。そのため、サディストはグレーゾーンなやり方で日々の欲求を満たそうするわけです。

例えば家庭内では配偶者や子供の行動を厳しく制限したり、不満が募ればそれを口実に暴力という名の欲望を吐き出し、学校や職場ではターゲットを嬉々として執拗にいたぶり、もしくは悪質な罰をあたえては悦に浸る。いわゆるDVやパワハラ、体罰、虐待、いじめなどはまさにその典型。

ニュースなどで見聞きしたり、遭遇したことがある、もしくは不幸にも身近にいたり…。そのような方もいらっしゃると思います。

注目すべきは目的の過程で結果的にそのような行為をとっているのではなく、その行為自体が目的であるということ。つまり、ターゲットの身体や心を攻撃することで、恐怖心を抱かせたり、羞恥や苦痛で歪む顔を鑑賞し、快楽を得ることが目的なのです。

また、そのような行為に性的な興奮を覚えるサディストも存在します。

そのサディストが有するサディズムを『性的サディズム』と呼び、自身の生活に支障をきたすレベルのサディズムを抱え、その衝動で相手を死亡させることもあるようです。実際、性的な動機による殺人犯の37~75%は性的サディストが占めているとのこと1)。※性的サディズム障害はSPDとは異なり、DSM-5にも引き継がれています

もはや邪悪どころではなく危険なパーソナリティーであり、その猟奇性は世が世なら、おそらくハラスメントでは済まないことでしょう。

三つ子の魂百まで

幼少期に植え付けられたサディズム
提供:photoAC「acworks様」

SPDを形成する要因の一つとして、SPDに近いパーソナリティーを有する家族または近親者の影響が強いとされており、遺伝子的要因については確証が得られていないようです2)。

つまり、幼少期の劣悪な家庭環境がSPDの温床になるということ。多くの場合それはサディズムを抱える両親のことであり、言うまでもなくそのような暴君を前に子は為す術もないわけで。

心ない言葉、理不尽な暴力で怒りが蓄積される毎日。

そのような怒りを内に秘めたまま、価値観や共感力が育まれることなく、社会へと放り出されたら当然、弾かれるわけです。それによって生じる更なる怒りや憎しみ。

結果的にそれらの解放を熱望する日々。向けられる矛先は多くの場合、他の誰か。

「あいつをグチャグチャにしたら気持ち良いだろうな」

「あいつが苦しみ、悶えるところを見てみたい」

人を苦しめて喜ぶという、その歪んだ心は多くの場合、矯正されることはなくむしろ悪化し、そこへ悪質な経験が加わることで更に拍車がかかり、その心を異形へと変化させていくわけです。

親から子へ、そしてそのまた子へと。

受け継がれるサディズム。この負の連鎖を断ち切るために社会はどうあるべきなのでしょう。

顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

 

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションな人たちを見極める

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

参考文献

フリー百科事典『ウィキペディア』
https://ja.wikipedia.org/

1)
MSDマニュアルプロフェッショナル版『性的サディズム障害』
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

2)
Prevalence and characteristics of sadistic personality disorder in an outpatient veterans population

タイトルとURLをコピーしました