職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

病んだメンタルにはオキシトシンをフル活用しよう
提供:photoAC「fujiwara」様

仕事中とはいえ、落ち込んでいる時や悲しい時、憂鬱な時、絶望している時。そんなネガティブな時に仕事したくないですよね。

しかし、そうもいきません。なるべく早めに気持ちを切り替えたいところです。そんな時は気分が乗らなくても人のために何かをしてみましょう。周りの人を楽しくさせたり、仕事を手伝ったり。余裕がなければ大切な人を想うだけでも大丈夫です。人のために何かをすることで『オキシトシン』が分泌され、メンタルを癒してくれます。

オキシトシンとは

病んだメンタルに対するオキシトシンの効果
提供:photoAC「FineGraphics」様

オキシトシンは脳下垂体で産生され、乳房や子宮に作用する神経伝達物質。出産や授乳などの生殖器系の重要な働きを担います。そして女性だけでなく、オキシトシンは男性にも存在し、精子の機能と精巣によるテストステロンの生成に重要な役割を果たしています。

またオキシトシンはストレスや不安、恐怖を軽減し、社交的かつ幸せな気分にさせてくれるホルモンで愛情ホルモン」又は「幸せホルモン」とも呼ばれており、下記のような症状に効果が期待できます。

・ストレス過多

・自閉症

・不安障害

・うつ病

・依存症(ドラッグやカフェイン、煙草など)

・免疫低下

・高血圧

・肌荒れ

参考:1),2)

ストレスは万病の元。特に長期的なストレスは癌、心臓病などの深刻な成人病の他、うつ病や不安障害などの精神障害を引き起こす要因とされています。つまりストレスの軽減に効果的ということは様々な病気の予防や軽減にも期待できるということですね。

職場でオキシトシンを増やす方法

オキシトシンを増やす方法
提供:photoAC「fujiwara」様

オキシトシンの分泌には家族や恋人とのスキンシップが最も良いようです。中でもマッサージがオススメ。ちなみにマッサージされる側より、する側の方が分泌されやすいようです。他にはペットとの触れ合いやヨガ、瞑想、恋愛ドラマ観賞などが良いとのこと。つまり、メンタルを愛情や友情など「快の感情」で揺さぶってあげると効果的なようです。

とはいえ、職場でこれらの手法は困難。ですので下記のやり方でオキシトシンを増やしましょう。

・恋人や子供の写真を観賞する

・肩もみをしてあげる(セクハラには注意)

・仕事を手伝ってあげる

・みんなのためにおやつを持ってくる

・仕事仲間と楽しい話をする(主に楽しませる)

・職場の雰囲気を明るくする

・メンタルが弱っている人を元気づける

・体調が悪い人をフォローする

・職場の誰かの幸せを願う

・笑顔で挨拶する

・平和を願う

などなど他にもたくさんありますが、このような振る舞いは自分や自分以外にもデメリットが無く、もはや良いこと尽くめ。それにメンタルを病みそうな人にとっては大きな助けとなり、自分だけでなく仲間のメンタル回復にも貢献します。突き詰めれば職場の平和にもつながるわけです。

ただ、「人のために何かをする気になれない・・」という方もいらっしゃると思います。そんな時は下記のように考えましょう。

メンタルを病んだ人のために何かしてあげよう
提供:photoAC「Beruta」様

・オキシトシンを分泌させるため

・周りからの評価も上がり、出世につながるかもしれない

・モテるかもしれない

・困ったとき助けてくれるかもしれない

なんか・・ゲスいようですが、良いんですよ。結果オーライです。このように考えましょう。

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションな人たちを見極める

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

参考文献

1)
梅田診療所『オキシトシン』
https://www.fukujukaigr.or.jp/wp-content/uploads/2019/02/umeshin_H30_hormone02.pdf

2)
Navneet Magon and Sanjay Kalra
NCBI『The orgasmic history of oxytocin: Love, lust, and labor』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3183515/

タイトルとURLをコピーしました