『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

『傷つかない』考え方と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』の正体は○○○○○
提供:photoAC「STUDIO_K様」

「メンタルが弱い」とはどういうことなのか

「打たれ弱い」、「豆腐メンタル」、「ガラスのように繊細」などいろんな言い方がありますが、ずはり「メンタルが弱い」って、どういうことなんでしょう?

間抜けなことを聞いてしまい、申し訳ありません。

もちろん「傷つきやすく、落ち込みやすい」ということになるわけです。

では何故、「傷つきやすい」のか。

そもそも相手は「傷つけるつもり」でそのような振る舞いをしているのか。

率直に言うと、誰かを「傷つけるつもり」で行動する人なんてほとんどいません。そんなことをして喜ぶ人なんて「サディスト」ぐらいじゃないでしょうか。

そんな人はまれです。

『攻撃』をしているわけではない

『攻撃』をしているわけではない
提供:photoAC「akebitenshoku様」

では、あの不快な振る舞いは一体何なのか。

あれを攻撃と言わずして何と言うのか。

そのように思う気持ちはよくわかりますし、被害者にとっては攻撃以外の何ものでもないわけです。

しかし、攻撃ではありません。

このように断言してしまうと語弊があるかもしれませんが、厳密にいうと相手からすれば「そのような(攻撃している)つもりはないということ」です。

では一体何なのか。どのようななつもりで、あのような振る舞いをするのか。

 

『攻撃』ではなく、他の『やり方』ができない

『攻撃』ではなく、『欲望』を満たすため
提供:photoAC「にゃん春様」

私のブログではNPD(ナルシスト)やASPD(サイコパス・ソシオパス)を邪悪なパーソナリティとして、よく記事にしていますが、彼(彼女)らですら攻撃をしているわけではないのです

彼(彼女)らに共通した特徴でもある、陰湿な嫌がらせ(ガスライティング等)や支配(操作)、心理的虐待、各種ハラスメント、利用、過小評価、傲慢。

実はこのような振る舞いですら攻撃ではありません。

確かにはたから見れば邪悪以外の何ものでもないわけですが、彼(彼女)たちからするとその行動に「ほぼ悪意はない」のです。

ナルシストなら称賛目的または悪質な優越感に浸るため。サイコパスやソシオパスなら物理的な利益を得るための行動をしているということ。

動機を紐解ひもとくと次のようになります。

・ナルシストによる執拗なマウンティング・・・脆弱な自尊心を満たすための行動。そうでもしないと自尊心を維持できない

・ナルシストによる「いじめ」・・・彼(彼女)らはとにかく周囲の視線を集めたい。ナルシスト特有の病的な承認欲求を満たす一番簡単で楽な方法が「いじめ」である。ナルシストにとって「いじめ」とは承認欲を満たし、優越に浸ることができる。要するに脆弱な自尊心を維持するための最良かつ合理的な手段

・サイコパスやソシオパスによるパワハラ(またはモラハラ)・・・ASPDにとって人は利益を得るためのツールであり、道具である。全てが利益目線なので、冷淡かつ攻撃的に感じるが、基本的に他意はなく利益が全て※ただし利益の妨げになる者を排除しようとする行為はその限りではありません。

  

称賛を渇望するナルシスト。利益を追求するサイコパスとソシオパス。

彼(彼女)らにとってはそれが全てであり、彼(彼女)ら自身の存亡に関わる重大なテーマ

そのような性質を抱えているため、ごく普通の振る舞いができません。要するに悪意や攻撃ではなく、他のやり方で人間関係を構築することができないのです

  

実は『攻撃』ではない他のケース

『攻撃』ではない他のケース
提供:photoAC「素材背景職人様」

よくありそうな一般的なケースについても触れておきます。

たとえばAがBに対して「不快な振る舞い」をしたとしましょう。

それは攻撃ではなく、下記のような動機がAにあったからかもしれません。

 

・Aが芸人や俳優もしくは漫画、アニメのキャラクターの影響を受けている、もしくは真似をしている

・Aとしては(Bもしくは周囲からの)ウケを狙っているつもり(上手いことをしたつもり)

・AとしてはBに構ってもらいたい(おどけたつもり)

・Bに対して特別な感情がある

・Aの精神常態がたまたま不安定だった

・Bの行動に何らかの落ち度があった。Aとしては「指摘」したつもり

・第3者からAに対してそのような指示があった

・Bのトラウマがフラッシュバックしたことで、Aの振る舞いをネガティブに解釈した

・Aに対するBのネガティブな先入観(周囲の評価やBの経験による思い込み)

・Bが洗脳されている
  

さまざまなケースが考えられるわけですが、もちろん例外として攻撃的な行動もあります。たとえば・・・

・先にBからの不快な振る舞いがあった。もしくはAのトラウマに触れたので攻撃された

・Aから誤解されている

など、攻撃へと至る動機は限られています。

理由は至極当然で、誰だって攻撃したことで報復(復讐)されたくありません。しかもハラスメントが社会問題として注目される今日において、法律に抵触するような攻撃的行動なんてもはやデメリットだらけ。それにそのような行動を周囲から認知されることで、自分の価値を下げたり、ましてや非難なんてされたくもないわけです。

 

『傷つく』必要はない

『傷つく』必要はない
提供:photoAC「よかたん様」

では話を戻しますが、要するに攻撃されていないのであれば、傷つく必要がないわけです。

行動の裏に潜む真意を見抜くことが重要です。

良い人、悪い人。善人と悪人。このように人間を白か黒かで決めつけてはいけません。

先述の通りですが、基本的になんらかの意図や事情があるわけです。

不快なことをされて、しかもその相手を察するようなことに労力を費やすのは億劫ですが、とはいえ攻撃されたと自覚した時点で傷つき、疲弊するのは自分自身

自分のためにも冷静に相手や状況を分析し、見極めましょう。

多くの場合、その不快な振る舞いに攻撃的な意図はないはずです。

顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

とある『傷つきやすい人』の正体とは

とある『傷つきやすい人』の正体とは
提供:photoAC「 momo105」様

このように相手の真意を推し量ることは、自分や相手が傷つかないためにも、良い人間関係を築くためにも重要です。

ですので……

  

「誰がなんと言おうと、あれは一方的な攻撃であり、私はその被害者だ」

「やはり、(社会における)自分以外の人間は敵ということか」

  

怒りや不快を感じる度に、独善的な思考におちいる方は要注意です。

共感性が低く、自己愛傾向が強い可能性があります。それでは相手を察することなんてできません。

・強い自己愛

・共感性の欠落

どこかで聞いたことがあるフレーズですね。

  

そう、ナルシスト(NPD)のことです。

ナルシストは傷つきやすく、共感性が欠落しているため自己中心的

たとえば「ナルシストから傷つけられている」そう感じている本人も実はナルシストだった、というケースも考えられるというわけです。

残念ながら私の経験則では、このタイプがかなり多いです。

ナルシストである以上、本人も無自覚に人を不快にさせている可能性があるということ。

こうなってしまっては単なるどんぐりの背比べ。深刻な状態に陥る前に改善しましょう。

 

ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションな人たちを見極める

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

タイトルとURLをコピーしました