不安を和らげる効果的なメンタルヘルス『扁桃体(へんとうたい)を黙らせる』方法とは

不安を和らげる効果的なメンタルヘルス『扁桃体(へんとうたい)を黙らせる』方法とは
提供:photoAC「FineGraphics様」

まずはじめに、不安や恐怖を感じることは、決して悪いことではありません。

私たちの防衛本能であり、不安や恐怖を感じるからこそ、危険や問題を回避できているのです。

問題なのは、それが長期化すること

その前に不安や恐怖を感じると、体の中でどのようなことが起きるか。それについて少し解説します。

私たちが不安や恐怖に晒された時、脳の「扁桃体(へんとうたい)」と呼ばれる器官が活性化し、副腎からストレスホルモン(コルチゾール等)が分泌されます。

一般的にストレスホルモンという名を聞くとネガティブなイメージしかありません。ですが、狩猟時代においてそれは、非常に重要な役割を担っていました。

具体的にはストレスホルモンが分泌されると主要器官(脳や心臓)以外の活動を抑止してエネルギーを節約します。

次に脳などの主要器官にエネルギーを多く供給して反射神経や集中力、強度、敏捷性を向上させ、体を「戦闘状態」に移行させるわけです。

そうすることで、狩猟時代の人たちは危険な哺乳類や爬虫類から身を守ったり、戦うことができたんですね。もちろん、問題(不安や恐怖)が解決すると身体は正常に戻ります。

ですが、これは一時的な不安や恐怖の場合。

  ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

問題なのは『不安が長期化』すること

長期的な不安は深刻な問題
提供:photoAC「fujiwara様」

では不安が長期化すると何が問題なのか。

先述のストレスホルモンの一種であるコルチゾールですが、長期的な不安や恐怖は扁桃体を暴走させ、コルチゾールが枯渇してしまうのです。

扁桃体の暴走とは、休日やプライベートな時間でも嫌な記憶やトラウマ体験を何度もフラッシュバックさせ、些細なことでもネガティブな記憶と結びつけ、日常的にそれを繰り返すこと。これにより、ストレスホルモンが過剰に分泌されるわけです。

コルチゾールが枯渇すると、低血圧、低血糖、性欲低下、生理不順、倦怠感、胃腸の異常、炎症やアレルギーの悪化、うつ、不眠、病気や怪我の治りが遅くなるなど、人体に様々な悪影響をもたらします

それだけではありません。

ストレスホルモンが過剰に分泌されると、前頭前野の働きが低下してしまいます。
前頭前野は「脳の司令塔」とも呼ばれ、計画力や判断力、記憶力、感情の抑制、いわゆる理性を維持し、論理的思考を司る重要な器官。前頭前野の機能が低下すると、下記のような精神状態に陥り、人としての生活を営むことができません。

・キレる
・悲観する
・絶望する
・自暴自棄になる
・衝動的になる
・パニックに陥る
・放心する

このように扁桃体が優位になることで、現代人としての正常な思考や言動ができなくなるわけです。

■まとめ

長期的な不安

扁桃体が暴走

ストレスホルモンが過剰に分泌

コルチゾールが枯渇して体調が悪化。さらに前頭前野の機能低下で思考力の低下、感情の暴走

長期的な不安により精神と肉体の両方が悪化すると「うつ病」や「不安障害」などの精神障害を引き起こす可能性も高くなります。

   顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

『扁桃体』を黙らせる(鎮める)ことが重要

扁桃体を鎮める(黙らせる)ことが重要
提供:photoAC「素材背景職人様」

扁桃体は危険を回避したり、戦闘や狩猟をともなうような時代においては、確かに重要な器官でした。しかし現代社会において、そんなシーンは滅多にないですよね。

要するに現代社会において、扁桃体はあまり活性化しない方が良いのです。

そこで重要なのが扁桃体を黙らせる方法。

扁桃体を黙らせるには最近話題のマインドフルネス(瞑想)やアンガ―マネジメント、ウォーキング、趣味など、いろんな方法があります。

その中でも今回、ご紹介したいのが前頭前野を刺激することで、黙らせる方法です。

ですが先述の通り、前頭前野は扁桃体の暴走による被害を受け、機能が低下する器官。

つまり「前頭前野を刺激することで機能低下を防ぐと同時に、前頭前野の機能を活かすことで扁桃体の暴走を抑えましょう」という一石二鳥の方法なのです。

やり方は簡単。

   

頭を使うことです。

……雑ですみません。

  

精神科医の樺沢紫苑先生がご紹介している方法で、それを実践することができます。是非、ご覧ください。

著書は累計200万部を超えるとても凄い先生です。

・「情報収集」・・・言語情報で前頭前野を刺激する

・「学び」または「読書」・・・・論理的思考で前頭前野を刺激する

などなど。※不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】から一部抜粋

不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】

不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

タイトルとURLをコピーしました