不安を和らげる効果的なメンタルヘルス『扁桃体(へんとうたい)を黙らせる』方法とは

不安を和らげる効果的なメンタルヘルス『扁桃体(へんとうたい)を黙らせる』方法とは
提供:photoAC「FineGraphics様」

まずはじめに、不安や恐怖を感じることは、決して悪いことではありません。

私たちの防衛本能であり、不安や恐怖を感じるからこそ、危険や問題を回避できているのです。

問題なのは、それが長期化すること

その前に不安や恐怖を感じると、体の中でどのようなことが起きるか。それについて少し解説します。

私たちが不安や恐怖に晒された時、脳の「扁桃体(へんとうたい)」と呼ばれる器官が活性化し、副腎からストレスホルモン(コルチゾール等)が分泌されます。

一般的にストレスホルモンという名を聞くとネガティブなイメージしかありません。ですが、狩猟時代においてそれは、非常に重要な役割を担っていました。

具体的にはストレスホルモンが分泌されると主要器官(脳や心臓)以外の活動を抑止してエネルギーを節約します。

次に脳などの主要器官にエネルギーを多く供給して反射神経や集中力、強度、敏捷性を向上させ、体を「戦闘状態」に移行させるわけです。

そうすることで、狩猟時代の人たちは危険な哺乳類や爬虫類から身を守ったり、戦うことができたんですね。もちろん、問題(不安や恐怖)が解決すると身体は正常に戻ります。

ですが、これは一時的な不安や恐怖の場合。

  ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

問題なのは『不安が長期化』すること

長期的な不安は深刻な問題
提供:photoAC「fujiwara様」

では不安が長期化すると何が問題なのか。

先述のストレスホルモンの一種であるコルチゾールですが、長期的な不安や恐怖は扁桃体を暴走させ、コルチゾールが枯渇してしまうのです。

扁桃体の暴走とは、休日やプライベートな時間でも嫌な記憶やトラウマ体験を何度もフラッシュバックさせ、些細なことでもネガティブな記憶と結びつけ、日常的にそれを繰り返すこと。これにより、ストレスホルモンが過剰に分泌されるわけです。

コルチゾールが枯渇すると、低血圧、低血糖、性欲低下、生理不順、倦怠感、胃腸の異常、炎症やアレルギーの悪化、うつ、不眠、病気や怪我の治りが遅くなるなど、人体に様々な悪影響をもたらします

それだけではありません。

ストレスホルモンが過剰に分泌されると、前頭前野の働きが低下してしまいます。
前頭前野は「脳の司令塔」とも呼ばれ、計画力や判断力、記憶力、感情の抑制、いわゆる理性を維持し、論理的思考を司る重要な器官。前頭前野の機能が低下すると、下記のような精神状態に陥り、人としての生活を営むことができません。

・キレる
・悲観する
・絶望する
・自暴自棄になる
・衝動的になる
・パニックに陥る
・放心する

このように扁桃体が優位になることで、現代人としての正常な思考や言動ができなくなるわけです。

■まとめ

長期的な不安

扁桃体が暴走

ストレスホルモンが過剰に分泌

コルチゾールが枯渇して体調が悪化。さらに前頭前野の機能低下で思考力の低下、感情の暴走

長期的な不安により精神と肉体の両方が悪化すると「うつ病」や「不安障害」などの精神障害を引き起こす可能性も高くなります。

   顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

『扁桃体』を黙らせる(鎮める)ことが重要

扁桃体を鎮める(黙らせる)ことが重要
提供:photoAC「素材背景職人様」

扁桃体は危険を回避したり、戦闘や狩猟をともなうような時代においては、確かに重要な器官でした。しかし現代社会において、そんなシーンは滅多にないですよね。

要するに現代社会において、扁桃体はあまり活性化しない方が良いのです。

そこで重要なのが扁桃体を黙らせる方法。

扁桃体を黙らせるには最近話題のマインドフルネス(瞑想)やアンガ―マネジメント、ウォーキング、趣味など、いろんな方法があります。

その中でも今回、ご紹介したいのが前頭前野を刺激することで、黙らせる方法です。

ですが先述の通り、前頭前野は扁桃体の暴走による被害を受け、機能が低下する器官。

つまり「前頭前野を刺激することで機能低下を防ぐと同時に、前頭前野の機能を活かすことで扁桃体の暴走を抑えましょう」という一石二鳥の方法なのです。

やり方は簡単。

   

頭を使うことです。

……雑ですみません。

  

精神科医の樺沢紫苑先生がご紹介している方法で、それを実践することができます。是非、ご覧ください。

著書は累計200万部を超えるとても凄い先生です。

・「情報収集」・・・言語情報で前頭前野を刺激する

・「学び」または「読書」・・・・論理的思考で前頭前野を刺激する

などなど。※不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】から一部抜粋

不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】

不安を減らす方法ベスト3【精神科医・樺沢紫苑】

タイトルとURLをコピーしました