「悪口や陰口をたたく人」に対する仏教の教え

「悪口や陰口をたたく人」に対する仏教の教え
提供:photoAC「FineGraphics様」

悪口や陰口を頻繁にたたく人っていますよね。

私の経験則では、自分が属している社会(職場や学校)に最低ひとりはいる気がします。※ひょっとして私だけ、ですかね?(笑)

彼(彼女)らは一体、なんなんでしょうか。

話題って、いくらでもあると思うんです。例えば、天気、事件、時事問題、バラエティ、ドラマ、好きな食べ物、趣味など。

しかし彼(彼女)らは、そのような会話を好みません。

それはなぜか。

なぜなら共感力に乏しいので、相手に合わせた話題、またはその場にふさわしい話題を提供できないから。

私自身も共感力はそこまで高くないので会話はヘタクソ。

ただ彼(彼女)らの場合、会話に快楽(欲求不満の解消)を強く求めます。

とにかく彼(彼女)らとしては手軽に欲求を満たしたい。

では具体的にどうするのか。

多くの人が関心を引くような言動をとることで、頭を使わず手軽に快楽を得ようとします。

その手段こそが、いわゆる…

・(同じ社会に属する)身近な人に対する悪口

・(同じ社会に属する)身近な人に対する嫌がらせ

共感力がないので、(相手の辛さがわからないから)平然と人をネタにすることができるわけです。

頭を使わず最短で、しかも身近な人がターゲットであるゆえに、多くの人から関心を引くことができます。

悲しいかな、身近な不幸に喰いついてしまう、人の性。

いずれにせよ、(悪口や陰口の)話し手には腹が立ちますし、やり返したくもなります。

  顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

「投げた塵は自分に返ってくる」

投げた塵は自分に返ってくる
提供:photoAC「ojisan200様」

しかし仏教で「復讐とは愚かな行為」であり、次のように戒められています。

汚れのない人、罪のない人
清らかな人を害なえば
その愚者にこそ悪は戻る
逆風に投げた微塵の如く

法句経(ダンマパダ)

要するに「投げた塵は自分に返ってくる」

 ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

くだらない相手に復讐して、損をしては意味がありません。

あなたが善人であれば少なからず、くだらない罪悪感を抱えるわけです。

あなたが復讐を達成し、そこにくだらない快楽を見出した時、そこにいるあなたは、もうあなたじゃないのかもしれない。

それにくだらない相手に復讐したところで、得られるのはくだらない優越感と達成感。

くだらない相手は勝手に自滅します。だから放っておいて良いのです。

その人を信頼する人なんて、いないのだから。

くだらない戦いの土俵に立ってはいけません。

……。

とはいえ、当ブログでは、これと矛盾する記事がいくつかありますが……そこは何卒ご了承ください。私は悟りを開けそうにありません(笑)。

とりとめのない感じになりましたが、それはさておき。

下記は大愚和尚の動画です。具体的な思考法の解説もあり、とても参考になりますので是非ご覧ください。

大愚和尚の一問一答『悪口や嫌がらせに対する正しい心構え』

悪口や嫌がらせに対する正しい心構え

   

大愚和尚について

タイトルとURLをコピーしました