カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

カバートアグレッションな人たちを見極める
提供:photoAC「mw123様」

はたから見れば、ごく普通の会話をしている2人。

けれど、話している彼(彼女)は何故か浮かない顔。

良く聞いてみると、一方はまともな話を展開しているはずなのに、相手からは吐き気を催すようなリアクション。

【嫌味・皮肉・虚言・妄言・謀略・マウンティング・当てこすり・当てつけ・責任転嫁・責任回避】

口を開けばネガティブ一色。

職場や学校、近所付き合いなど、いわゆる社会生活の場で、誰しもが一度は経験するタイプだと思います。

間接的に相手をののしり、揚げ足を取り公然とマウンティング。そして周囲からも認知されるような状況下で被害者を見事に演じて相手を悪者にしたり、または言葉巧みにおとしいれ、言質を取る。

そして、それをネタにしてデマや陰口のオンパレード。

これが人と人とのコミュニケーションだと言わんばかりに、日々がこのような振る舞いで埋め尽くされています。

なぜ、そこまで人に対して陰湿なのか。

なぜ、そうなってしまうのか。

理由はいたってシンプル。

それは『臆病』だからです。

カバートアグレッションを有する人

カバートアグレッションを有する人
提供:photoAC「acworks様」

カバートアグレッションをざっくり説明すると『隠された攻撃性』のことです。

カバートアグレッションを有する人たちは一見すると愛想も良く、礼儀やマナー、一般常識を備えた真っ当な人間だったりします。

ですが、それは社会ルールにのっとっているだけのいわば演技であり虚像。

その実体はどす黒い闇を抱え、裏ではガスライティングや陰口、愚痴、虚言、洗脳、根も葉もない悪質な噂話、特定の人物を笑いネタにしたり、おとしいれたりする等、枚挙にいとまがないほどの邪悪性が常態化しています。

その中でも病的な自己愛を抱える人『ナルシスト(NPD)』などが頻繁に使用する『ガスライティング』は極めて悪質。

ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

ターゲットにされた人は知らない間に孤立し、自己嫌悪や精神障害を患う可能性も充分考えられます。

厄介なのは確証(証拠)が得られないこと。

中でも特に陰湿で巧妙なタイプは『マニピュレーター』とも呼ばれますが、彼(彼女)らは間接的かつグレーゾーンな手口でターゲットを支配し、陥れます。

先述したように攻撃の確証は得られませんし、周囲は洗脳され(ターゲットに対する敵意を植え付けられ)、結果的に相談相手もいない孤立したターゲットによる(あらゆる抵抗の)動機は打ち消され、心神耗弱により思考は停止。

ゆえに真実が表沙汰になることはなく、加害者であるはずの彼(彼女)らは、非難されるどころか疑われることもなく、逆に被害者が軽蔑の眼差しを向けられ、その社会から去ってゆく。

最悪、この世から去ってしまう可能性だって充分あるわけです。

カバートアグレッションを抱えてしまう原因

カバートアグレッションを抱えてしまう原因
提供:photoAC「bBear」様

なぜ、彼(彼女)らはこのような性質を抱えてしまうのでしょうか。

原因をいくつか挙げてみましょう。

・人間不信に陥るほどのトラウマを抱え、人を常に疑い、潜在的に強い恐怖感を抱いている。もしくは自身の(脆弱な)自尊心が攻撃されることを恐れている。このような経緯から攻撃側に転じることで、自らを誇示し、相手より優位に立とうとする。

・幼少期における虐待やいじめ、孤独により、人に対して強い恐怖感を抱くように。しかし同時にこれが社会や人間の在り方であり、結果的に恐怖を与える側に立つことが合理的だと考えるようなった。

・彼(彼女)らは孤独に関するトラウマを抱えている。だから独りになることを恐れている。ゆえに仲間を欲しているわけだが、共感力が欠如した彼(彼女)らにとって、誰かと繋がることは容易なことではない。そこで特定の人物を共に虐げることで、手っ取り早く、仲間との悪質な連帯感を深め、それを足がかりにして関係を構築しようとする。

・あるがままの自分に価値がないと潜在的に感じている。ゆえにそのことに触れられ、侮辱されることを恐れている。このような経緯から外的価値(実績、地位、権力など)に執着するようになり、結果的に承認欲求や自己保身が強くなる。共感力の欠如および自己保身が強い彼(彼女)らにとって、誰かを犠牲に利益を追求したり、守ることはごく自然の心理である。

・過去の経験(トラウマ)が原因で人に対して強い猜疑心さいぎしん恐怖心を持つように。ゆえに相手を誤解しやすく、些細なことで容易に人を敵として認識するようになった。

このように原因は様々ですが、ひとつだけ共通した心理が垣間見えます。

それは人に対する『恐怖心』です。

カバートアグレッションの対策・対処法

カバートアグレッションの対策・対処法
提供:photoAC「kzkinc様」

冒頭でも述べましたが、彼(彼女)らは『臆病』なのです。

具体的には先天的な性質もしくは過去の何らかの出来事が原因で、人に対して潜在的に恐怖心を抱いているということ。

攻撃されるのが怖いから、攻撃する側に立っている。

攻撃されたとき、もしも自分が孤独だったら容易に潰されてしまう。その恐怖心が群れを成そうと行動させる。

・攻撃され自尊心が潰されるのが怖いから、自らを守るために外的価値を得ようとする。

・攻撃された経験がトラウマとなり、潜在意識化で「他人=恐怖」「他人=敵」になっている。

先ほどのカバートアグレッションを抱えてしまう原因の内容を簡単に列挙するならこういうことです。

人に対する恐怖。その防衛手段がカバートアグレッションといっても過言ではありません。

恐怖しているからこそ『陰湿』なのです。

恐怖しているからこそ直接的な行動をとれない。

表立って意思表示することなく、日常的に陰口や皮肉、ガスライティング、マウンティング、デマ、虚言、周囲への洗脳など間接的なやり方で相手に攻撃する心理の根底には、このような恐怖が渦巻いているわけです。

顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

そして社会とは人が集まる場。

つまり彼(彼女)らは日常的に恐怖に晒されているわけです。ただでさえ、共感力に乏しい性質にそのようなストレスフルな要素が加われば、もはや人としての倫理観を保つことは困難でしょう。

そのような輩の言動に振り回されてはいけません。

以下はマニピュレーターに対する記事ですが、先述したようにマニピュレーターはカバートアグレッションを有しています。

対策や対処法もまとめていますので、興味がある方は是非ご覧ください。

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

『暗示』を得意とする邪悪な人。マニピュレーターによる洗脳とその手口について

マニピュレーターになる原因とは。共感力が欠落する経緯について。

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

フレネミー? いいえ、その人は『パラノイア』です。ちょっとしたことで敵へと豹変する人たちについて

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

HSPで仕事や人間関係に疲れる。そして生きづらい。もう限界だと思っている方へのシンプルな対処法

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

タイトルとURLをコピーしました