不安障害の一種『パニック障害』の対処法(治療とセルフケア)

不安
提供:photoAC「はむぱん」様

アメリカ人の約2~3%が不安障害の一種『パニック障害』を経験し、男性よりも女性の頻度が高く、男性の約2~3倍とのことです。絶えがたい不安や恐怖を伴うことが多く、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたし、更に長期化すると『うつ病』になる場合もあるので、早めの対処(診断やセルフケアなど)が重要です。

パニック障害とは

パニック障害は不安障害の一種です。パニック障害はパニック発作という原因不明の強い不安や恐怖による症状を引き起こします。昔は不安神経症や過呼吸症候群とも呼ばれていました。個人差はありますが、「死ぬかもしれない」「気が変になる」などの不安や恐怖を極度に感じてしまいます。ですが基本、命に関わることはなく、適切な治療を受けることで、多くの方が社会復帰されているようです。

パニック障害の原因

いじめ
提供:photoAC「まぽ」様

不安障害(パニック障害)の原因は不明とされていますが、有力説ではモノアミンが関係しているとのこと。

まず、最初にセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンは、モノアミンと呼ばれています

いじめや嫌がらせ、虐待、孤独、親しい人やペットの死による強いストレスや過労などが引き金となり、モノアミンのバランスが乱れることで発症するという説もあります。

またその影響により、ストレスの悪循環も考えられます。

そもそもストレスとは

ストレス
提供:photoAC「桃パピコ」様

人間はストレスや不安に晒された時、「戦う」、「逃げる」、「硬直する」等、何れかの行動を咄嗟にするための防衛本能が働きます。

脳の扁桃体を起点に発信されるホルモン(コルチゾール等のストレスホルモン)信号により、心拍数や血圧の向上、血管の収縮、たんぱく質や脂肪を元にエネルギーを産出。緊急時に必要ではない器官の活動を抑止してエネルギーを節約させた後、脳などの主要器官にエネルギーを多く供給し反応時間短縮、集中力、強度、敏捷性を向上させ、すなわち体を「戦闘状態」に移行させます。

そして、不安や恐怖などのストレスが終了すると反応をオフにし、戦闘態勢から体を正常に戻します。ですが、これは一時的なストレスの場合

不安障害(パニック障害)の場合、ストレスに過剰反応するようになる

厄介なことに不安障害(パニック障害)の場合、扁桃体が活性化してしまい、ちょっとしたストレスにも過剰反応するようになるため、戦闘態勢が長期化します

戦闘態勢の長期化はコルチゾールを枯渇させ、メンタルや体を更に弱らせます。

具体的には副腎疲労症候群を引き起こす可能性があります。症状は低血圧、低血糖、性欲低下、生理不順、倦怠感、胃腸の異常、炎症やアレルギーの悪化、うつ、不眠、病気や怪我の治りが遅くなるなど様々です。

つまり、症状を解消(軽減)するためにはモノアミンの安定と扁桃体の鎮静が重要になるわけです。

パニック障害の主な症状

パニック発作は突然、下記の症状を引き起こします。

激しい動機
胸や胃の痛み
呼吸困難
脱力感またはめまい
冷や汗
寒気やのぼせ
強い恐怖感
強い不安感
手がチクチクする、またはしびれる

パニック障害の治療について

専門医_パニック(診断)
提供:photoAC「Ni_photo」様

パニック障害の治療は基本、薬物療法による治療となりますが、場合によっては精神療法も併用します。

精神療法

認知行動療法(CBT)やリラクゼーション療法が一般的になります。

薬物療法

抗うつ薬

通常、これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を処方します。比較的、副作用が少ないとされていますが、睡眠障害や以前よりも不安を感じるなどの副作用を引き起こすことがあります。SSRIが機能しない、または適切でない場合は、三環系抗うつ薬と呼ばれる別の種類が提供される場合があります。

プレガバリン

全般性不安障害(GAD)と診断された場合など、場合によってはプレガバリンと呼ばれる薬を処方する場合があります。これは『てんかん』の治療に通常使用される薬ですが、不安神経症の治療にも認可されているようです。

ベータ遮断薬

ベータ遮断薬は、頻脈、動悸、震えなどの不安的身体的症状を治療するために使用されることがあります。しかし、精神科の薬ではないので、精神的な症状を軽減することはありません。特定の状況下における投与となるでしょう。

ベンゾジアゼピン精神安定剤

日常生活に重大な影響を及ぼしている場合は、ベンゾジアゼピンが提供されることがあります。しかし、不快な副作用を引き起こし、依存に陥る可能性があるため、基本的に低用量で短期間の投与となります。

参考:1)

セルフケア

セルフケアも重要ですが、基本は専門医の指示に従うようにしましょう

対処法(セルフケア)
提供:photoAC「FineGraphics」様

先述の通り、不安障害(パニック障害)はモノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)のバランスが乱れることで発症するといわれていますが、その影響により、ストレスの悪循環も挙げられます。

症状を解消(軽減)するためにはモノアミンの安定と扁桃体の鎮静が重要になるわけです。

生活習慣

睡眠時間とトリプトファンを意識した食生活が重要になります。モノアミン(主にセロトニン)の枯渇や機能低下はメンタルヘルスに悪影響を及ぼすともいわれています。セロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境改善、日光浴や適度な運動、タンパク質の一種トリプトファンの摂取が重要です。

ストレスの軽減

お酒や煙草、カフェイン、夜更かしを控え、仕事や家事の分担、周りへの相談、ヨガや軽い運動、日光浴、趣味、普段以上にストレスの軽減に努めましょう。

強い不安にオススメの思考術

不安を軽減する思考術をご紹介します。簡単なのでオススメです。

ストレス軽減にオススメの思考術『瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)』。これも簡単なので是非。冷え性や緊張緩和にも効果的な思考術です。

不安を感じやすい方にオススメの栄養とハーブ

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

「不安」に関するその他の記事

不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、PTSD、急性ストレス障害、全般性不安障害)について

ストレスとオメガ3脂肪酸

転職・就職活動の「不安・緊張メンタル対策」。面接当日にオススメの朝食と思考術

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

参考文献

1)
Mind Infoline『Anxiety and panic attacks』
https://osbt2l4rax5skihjwukrny7pjy-jj2cvlaia66be-www-mind-org-uk.translate.goog/information-support/types-of-mental-health-problems/anxiety-and-panic-attacks/anxiety-treatments/

タイトルとURLをコピーしました