ストレス

ストレスと転職

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

幼い時に植え付けられた歪んだ価値観「称賛されない = 愛されない」と高すぎる自尊心。悪質な環境下で形成された「ナルシスト(NPD)」は常に周囲からの絶え間ない称賛を求め(愛情を求め)生きるようになります。ですが、一般的な社会生活において、それ(称賛の追求)は容易なことではありません。 そこで彼(彼女)らは最低でも自尊心を維持しようと防衛本能からの衝動で人を虐げ、悪質な優位性に浸り、自尊心を回復する(誤魔化す)ことで、メンタルの維持を図ろうとします。具体的には心理的虐待を中心とする「ハラスメント」や「いじめ」など。特に心理的虐待の一種「ガスライティング」はナルシストが頻繁に用いる陰湿かつ邪悪な手法であるため、要注意です。
ストレス

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

お釈迦様が説いた教えである「仏教」。仏教はキリスト教・イスラム教に次いで、東アジアを中心に世界中で広まっている世界宗教の一つ。とはいえ、印象としては触れる機会が少なく、お葬式や神社仏閣に訪れた際、お経を聞くぐらいだと思います。しかし、仏教には現代ストレスや不安を軽減するヒントが多数存在。今回は中部経典に記された、不安や辛い過去を抱える心に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈(いちやけんじゃげ)」をご紹介します。
ストレスと転職

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。
ストレスと転職

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

共感性、感受性、情緒、思いやりの心や罪悪感、恐怖心など、人として重要な多くの要素が欠落したASPD「ソシオパス(社会病質者)」。ASPDとは反社会性パーソナリティ障害のこと。 ソシオパスは精神医学上、当ブログで頻繁に登場する「サイコパス(精神病質)」同様、ASPDに分類されます。 つまり、ソシオパスはサイコパスと(当記事ではマイルドサイコパスのこと)同類。更に有害性はサイコパスに匹敵するため注意が必要です。
ストレスと転職

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

二次性ナルシシズムは『自己愛性パーソナリティー障害』といわれています。 自己愛性パーソナリティー障害を有する人は自分が他人より優れていると信じており、周りからの称賛や評価を過剰に求めます。また人に対する傲慢性や操作性があり、劣っている人を見下す傾向が強く、共感性が欠落しているため、人間関係の構築に支障をきたします。
ストレスと転職

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

自己中心的で共感性が無く、支配的で人を陥れることに罪悪感が無い邪悪な性質「ダークトライアド」。このような性質を抱えるサイコパスやナルシスト、マキャベリストに関わるとメンタルが病んでしまいます。ただ、このような人達は基本的にわかりやすく、職場(直属の上司【部下】)や家庭でも無い限り、事前に対処することが比較的可能です。しかし、世の中にはダークトライアドを抱えてはいるが、その邪悪性がわかりにくい人も存在します。
ストレスと転職

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

この世界には邪悪な人間が多く存在します。邪悪な人間の多くは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれません。つまり、何食わぬ顔で社会に溶け込み、今現在も学校や会社で人を支配し、陥れることで利益を貪っています。これらの虫唾が走るほど不快で陰湿な支配的行為をする邪悪な人のことを『マニピュレーター』いいます。今回はマニピュレーターの支配手口や対策についてご紹介します。比較的多く生息していますので、要注意です。
ストレスと転職

サイコパスにおける20の特徴と対処法

サイコパス(当記事では※マイルドサイコパスのこと)は保身や利益、欲求解消のために人を利用または支配します。良心や罪悪感、共感性が欠落しているという特徴を有し、そのため人を陥れることに抵抗が無く、常習化しています。厄介なのは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれないこと。つまり、サイコパスは社会に溶け込んでいますので、既にあなたの身近に潜んでいるかもしれません。 この記事ではサイコパスにおける20の特徴と対処法をご紹介します。
ストレスと転職

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

サイコパス(ここでは主に※マイルドサイコパスのこと)、ソシオパス、サディスト、ナルシスト、マキャベリストは自己保身や自己利益、欲求解消のために本能的かつ無意識的に対象者へ心理的虐待を行います。陰湿な例では対象者に関することを改悪または捏造。そして、それらを平然と利用し、あらゆるハラスメントに用いて、対象者を憂鬱や激怒、絶望、自己嫌悪に追い込み、陥れます。また、職場だけでなく、家庭内や学校でも各種ハラスメント(主にモラハラ)やDV、いじめで心理的虐待は行われます。被害を受けたターゲットはストレス過多により、うつ病や不安障害(パニック障害)等の精神障害を発症する可能性も高いため対策(または対処)が必要です。
ストレス

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

メンタルを強くするということは感情や思考を管理し、どんな状況にも関わらず前向きに行動することを意味します。メンタルを強くするには論理的思考力とストレス耐性が重要です。この記事では2つの方法と即席でメンタルを強化する思考術をご紹介します。
ストレス

不安障害の一種『パニック障害』の対処法(治療とセルフケア)

アメリカ人の約2~3%が不安障害の一種『パニック障害』を経験し、男性よりも女性の頻度が高く、男性の約2~3倍とのことです。絶えがたい不安や恐怖を伴うことが多く、学校や会社に行けなくなるなど、日常生活に大きな支障をきたし、更に長期化すると『うつ病』になる場合もあるので早めの対処(診断やセルフケア)が重要です。
アミノ酸

転職・就職活動の「不安・緊張メンタル対策」。面接当日にオススメの朝食と思考術

転職・就職活動といえば「面接」はつきもの。面接当日の朝は緊張しますし、時間も食欲も無いですよね。とはいえ、空腹状態で面接に臨むのだけは絶対やめた方がいいです。空腹状態は緊張や不安を悪化させます。それに頭の回転も悪くなる。緊張が悪化すると、自己アピールができなくなり、せっかくの準備も活かすことができなくなります。そこで今回は転職・就職活動などの重要イベント「面接」の緊張や不安メンタルを解消する「朝食」や「思考術」をご紹介します。
ストレスと転職

身近に潜む危険なストレス要因。5つのタイプ「サイコパス・サディスト・ナルシスト・反社会性・ ? 」

世の中には様々な人間がいます。法律やルールを守り、人に迷惑をかけないのであれば多くの場合、誰だって問題無いと思いますし、色んな人がいてくれた方が楽しくて退屈しません。しかし、中には過去の体験が原因なのか、生まれ持っての資質なのか・・、それを考えると同情しますが「危険なストレス要因」となる人間もいます。特にサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性タイプには要注意。
ストレスと転職

職場の危険生物によるストレスとメンタルヘルス

「思考力低下」「希死念慮(死にたいと願う)」「強い倦怠感」「憂鬱」などに陥るストレスは危険です。そしてストレス要因の多くが人間関係によるもの。特に上司との人間関係が大半を占めていますが、危険な上司タイプをご存知ですか?対処法とメンタルヘルス対策をご紹介します。
ストレスと転職

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

ストレスを強く感じる状況(職場)を最近では「ストレスフル」と呼ぶようです。あなたの職場が「ストレスフル」な職場で、周りの方にこのような「変化」があれば、メンタルを病んでいる可能性が高いため、できるだけ気にかけていていただけたらと思います。
ストレス

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

イライラやムカつき。色々不満がありますよね。すごくわかります。多少はスルーできますが、頻繁になるとそうもいきません。メンタルヘルスに良くないです。それに例の精神的な病気を引き起こす可能性も・・。 それは避けたいのでメンタルヘルスに効果的で簡単なメンタルヘルスをご紹介します。この方法は私が昔、不満や憂鬱、緊張している時に使っていたメンタルヘルスにオススメの思考術です。ぜひ、ご覧ください。
オメガ3脂肪酸

ストレスや不安なメンタルには鮭がオススメ

北海道のアイヌ民族は鮭をカムイチェプ゚(神の魚)、またシペ(本当の食べ物)と呼び、生活の大半をその恵みに依存していたようです。特に鮭に豊富に含まれるアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸はストレスや不安対策に非常に有効な成分です。
アミノ酸

身近なものでメンタルケア「緑茶」

緑茶に含まれるテアニンには抗不安作用と鎮静作用があるといわれています。
ストレス

「不満」 が溜まっている方にオススメの栄養とハーブ

人間はストレスに晒された時、扁桃体が活性化します。扁桃体が活性化してしまうと些細なストレスにもメンタルが敏感に反応しますので、鎮静化が困難になり長期化する場合があります。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどです。
オメガ3脂肪酸

ストレスとオメガ3脂肪酸

ストレスに関するオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果を裏付けるデータは数多く存在します。人間はストレスに晒された時、体内でストレスホルモンを筆頭に様々な物質を分泌します。それらの物質が過剰になり、長期化すると細胞は損傷し、重大な病の原因となり得ます。またオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の抗ストレス効果については現在も研究が進められています。
ストレス

ストレス

現代社会においてストレス対策は欠かせません。「病は気から」とはよく言ったものです。ストレスはあらゆる病気の原因であり、悪化の原因でもあります。具体的には「うつ病」がその代表ですが、うつ病をきっかけに炎症性サイトカインが過剰となり「心臓病」「癌」「関節炎」など重大な病気を引き起こす可能性があります。
オメガ3脂肪酸

うつ病とDHA

厚生労働省によると特にうつ病の患者数が増加傾向にあるようです。脳のサプリとして有名なDHAとうつ病について調べてみました。
タイトルとURLをコピーしました