邪悪な人によるストレス

記事内に広告が含まれています。
邪悪な人によるストレス

『マニピュレーター』対策と弱点について。邪悪な人たちを寄せ付けない『忍びの心得』

利益や欲求を満たすために、人を心理的に操作して陥れる『マニピュレーター』。彼(彼女)らにとって操作とはごく自然なコミュニケーション。ゆえに容易に周囲を洗脳してターゲットを孤立させることができます。ところで特定のある人が、ターゲットにされる理由って何でしょう?そしてターゲットにされないどころか、視界にも入ってない『忍者』みたいな人たち。これは比喩なんかではありません。邪悪な人を寄せ付けないためには、『忍者』が有する『忍の心』が重要なんです。
邪悪な人によるストレス

なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~

「いじめ加害者」、特に「陰湿なタイプのいじめ加害者」には、多くの場合それに寄り添う人間がいるわけです。「取り巻き連中」とでも言いましょうか。有害ナルシストに寄り添う、そんな取り巻き連中のことを「フライングモンキー」と呼びます。モンキー化する人の心理には、様々な要因が関与していて、状況や背景によって異なりますが、いくつか紹介してみましょう。
邪悪な人によるストレス

『陰湿な嫌がらせ』と『カバートアグレッション』との違いと対処法について

厄介なカバートアグレッションとは……敵意はもちろん、それが攻撃かどうかも、そもそも出どころさえもわかりません。訳がわからないまま、不利な状況下におかれ、不快で鬱屈うっくつした日々をおくることになります。
邪悪な人によるストレス

脆弱型ナルシストに利用され、腐敗しはじめている会社の特徴5選

病的自己愛を有する脆弱型ナルシストにとっては称賛こそが全て。ゆえに、ある社員が傷つき、あるいは会社が傾こうともお構いなし。骨の髄までしゃぶられます。それでは脆弱型ナルシストにしゃぶられ、腐敗しはじめている会社の特徴をご紹介しましょう。
邪悪な人によるストレス

『暗示』を得意とする邪悪な人。マニピュレーターによる洗脳とその手口について

『ダークトライアド』を抱えるソシオパス(またはサイコパス)、ナルシスト、マキャベリストたちは人間心理の『操作』に秀でています。彼(彼女)らは、ターゲットだけでなく周囲をも操作してターゲットを陥れるからです。特に悪質なのがマニピュレーター。マニピュレーターの場合、『暗示』をかけるかのような手口で、まっとうな個人(たとえば一定の道徳や倫理を有する人)だけでなく、そのような集団でさえも巧妙に操作して、ターゲットに敵意を抱かせます。これは、もはや『操作』というよりは『催眠術』と表現する方が適切なのかもしれません。
邪悪な人によるストレス

マニピュレーターになる原因とは。共感力が欠落する経緯について。

なぜ、マニピュレーターになるのかシンプルに教えて。と、別のブログでよく聞かれます。というわけで今回はマニピュレーターになる原因についてシンプルにまとめたいと思います。ターゲットを孤独へと陥れ、支配することで欲求や利益を貪る。これは共感力が欠落していなければできない行為です。なぜ共感力が欠落するのでしょうか。共感力の欠落と毒親の関係について深堀りします。
邪悪な人によるストレス

フレネミー? いいえ、その人は『パラノイア』です。ちょっとしたことで敵へと豹変する人たちについて

フレンドリーな振る舞いで接してきたかと思えば、陰湿なやり方でターゲットを陥れるフレネミー。彼(彼女)らの目的は承認欲や自己顕示欲を満たすこと。ターゲットを巧妙に利用(犠牲に)することで、欲求を満たそうとします。最も多いフレネミータイプだと思います。ですが今回ご紹介するのは、別のフレネミータイプ『パラノイア』についてです。
邪悪な人によるストレス

カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

傍から見れば、ごく普通の会話をしている2人。けれど、話している彼(彼女)は何故か浮かない顔。良く聞いてみると、一方はまともな話を展開しているはずなのに、相手からは吐き気を催すようなリアクション。【嫌味・皮肉・虚言・妄言・謀略・マウンティング・当てこすり・当てつけ・責任転嫁・責任回避】口を開けばネガティブ一色。職場や学校、近所付き合いなど、いわゆる社会生活の場で、誰しもが一度は経験するタイプだと思います。なぜ、そこまで人に対して陰湿なのか。なぜ、そうなってしまうのか。理由はいたってシンプル。
邪悪な人によるストレス

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

今回はマニピュレーターが恐れる人たちについてご紹介いたします。みなさんは無敵の人という言葉をご存知ですか?当記事で言うところの無敵の人とは忖度や保身、周囲の視線、人間関係、雰囲気、その社会(職場や学校)の暗黙のルールを、何の躊躇もなく度外視して行動する人のことを指します。自己保身が強いマニピュレーターにとって、そのような人はどう映るでしょうか。是非ご覧ください。
邪悪な人によるストレス

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

ガスライティングという陰湿な嫌がらせをご存知ですか?心理的虐待の一種であり、つまるところ『悪質な嫌がらせ』のことです。それもターゲットを自己嫌悪や精神障害、自殺に追い込む極めて『タチの悪い嫌がらせ』    共感性や罪悪感が欠落していなければできない行為であり、ゆえにこの行為の常習者は例外なく『ダークトライアド(邪悪な性質)』と『カバードアグレッション(隠れた攻撃性)』を有しています。  今回はガスライティングの種類と対策についてまとめてみました。
邪悪な人によるストレス

ソシオパスとナルシストを見極める

ソシオパスとナルシストには多くの共通点があります。人に対する共感性の欠如と支配的な傾向はその最たる例。どちらも邪悪な性質『ダークトライアド』を有しており、欲求のためなら平然と他人を犠牲にします。傍から見れば同類のようにも思えるソシオパスとナルシスト。しかし両者の概念は異なります。誤った対策を講じる前に、まずは両者の性質や違いを把握し、見極めましょう。
邪悪な人によるストレス

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

受動的攻撃行動とは自分の考えを主張せず、頻繁に無視や舌打ち、騒音、不機嫌、皮肉、陰口、不平不満、愚痴、サボりといった振る舞いで、遠回しに相手(または周囲)を疲弊させる行為のこと。ざっくりいうとモラハラ(モラルハラスメント)のようなものです。今回はそのようなモラハラをやめることがきない人たちについてご紹介します。
邪悪な人によるストレス

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

サディスティックパーソナリティ障害(SPD)を有する人とはサディズムを有する人。つまり他人の不幸【不快・苦痛・苦悩・絶望など】を単に鑑賞するだけでなく対象を陥れ、苦しめてでも快楽を得ようとする人、すなわち真性「サディスト」のことです。
邪悪な人によるストレス

ナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

自己愛性パーソナリティ障害(NPD)いわゆるナルシスト。多くの場合、ナルシストは「取り巻き」を引き連れています。しかし、ただの取り巻き連中ではありません。取り巻き連中はナルシストの代わりに意思表示を行う代理人でもあり、洗脳された信者。取り巻き連中にとって最も重要な役割とは、ナルシストの欲求不満を満たしてあげること。では、ナルシストが抱える欲求とは一体何なんでしょう。まずはその欲求に対する理解がなにより重要です。
邪悪な人によるストレス

人生に悪影響を及ぼす『毒親』による支配と対処法

親が子どもに与える影響は良くも悪くも絶大です。例えば親が「邪悪な人間」だった場合、どうなってしまうのか。職場なら退職届で脱出することができるでしょう。しかし家庭(親)から逃れることは困難を極めます。子が未成年ならばなおのこと。自尊心を蹂躙され、貪るように搾取され、徹底的に支配され。もはや家庭という名の監獄で「成人に達するまで服役する受刑者」のようなもの。今回は危険なレベルの「毒親」による支配と対処法についてです。
邪悪な人によるストレス

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

カバードアグレッションを有するマニピュレーターとはざっくりいうと、隠された攻撃性を備えた操作する人のこと。 善人者面してターゲットに近づき、水面下でターゲットを陥れる邪悪な人たちのことです。 とはいえ、マニピュレーターは基本的に法を犯しません。 ゆえに表沙汰になることもなく、裁かれることもなく、暗躍しながら日々を満喫。 マニピュレーターは、特に制限されたフィールド(学校や職場)で、本領を発揮します。 罪悪感や良心の呵責に苛まれることもなく病的に嘘をつき、被害者を演じ、ターゲットに対する敵意を周囲にもたせ、孤独へと陥れるさまは、まさに邪悪そのもの。
邪悪な人によるストレス

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

婚活で相手に経済力を求めてしまうのは当然といえるでしょう。 ですが、経済力だけで相手を判断するのは危険。 なぜなら責任感や道徳心、共感性に欠けた「サイコパス(マイルドサイコパス)」や「ソシオパス(高機能ソシオパス)」と呼ばれる人たち。彼らも割と高収入なんです。
邪悪な人によるストレス

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

幼い時に植え付けられた歪んだ価値観「称賛されない = 愛されない」と高すぎる自尊心。悪質な環境下で形成された「ナルシスト(NPD)」は常に周囲からの絶え間ない称賛を求め(愛情を求め)生きるようになります。ですが、一般的な社会生活において、それ(称賛の追求)は容易なことではありません。 そこで彼(彼女)らは最低でも自尊心を維持しようと防衛本能からの衝動で人を虐げ、悪質な優越感に浸り、自尊心を回復する(誤魔化す)ことで、メンタルの維持を図ろうとします。具体的には心理的虐待を中心とする「ハラスメント」や「いじめ」など。特に心理的虐待の一種「ガスライティング」はナルシストが頻繁に用いる陰湿かつ邪悪な手法であるため、要注意です。
邪悪な人によるストレス

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。
邪悪な人によるストレス

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

共感性、感受性、情緒、思いやりの心や罪悪感、恐怖心など、人として重要な多くの要素が欠落したASPD「ソシオパス(社会病質者)」。ASPDとは反社会性パーソナリティ障害のこと。 ソシオパスは精神医学上、当ブログで頻繁に登場する「サイコパス(精神病質)」同様、ASPDに分類されます。 つまり、ソシオパスはサイコパスと(当記事ではマイルドサイコパスのこと)同類。更に有害性はサイコパスに匹敵するため注意が必要です。
邪悪な人によるストレス

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

二次性ナルシシズムは『自己愛性パーソナリティー障害』といわれています。 自己愛性パーソナリティー障害を有する人は自分が他人より優れていると信じており、周りからの称賛や評価を過剰に求めます。また人に対する傲慢性や操作性があり、劣っている人を見下す傾向が強く、共感性が欠落しているため、人間関係の構築に支障をきたします。
邪悪な人によるストレス

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

自己中心的で共感性が無く、支配的で人を陥れることに罪悪感が無い邪悪な性質「ダークトライアド」。このような性質を抱えるサイコパスやナルシスト、マキャベリストに関わるとメンタルが病んでしまいます。ただ、このような人達は基本的にわかりやすく、職場(直属の上司【部下】)や家庭でも無い限り、事前に対処することが比較的可能です。しかし、世の中にはダークトライアドを抱えてはいるが、その邪悪性がわかりにくい人も存在します。
邪悪な人によるストレス

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

この世界には邪悪な人間が多く存在します。邪悪な人間の多くは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれません。つまり、何食わぬ顔で社会に溶け込み、今現在も学校や会社で人を支配し、陥れることで利益を貪っています。これらの虫唾が走るほど不快で陰湿な支配的行為をする邪悪な人のことを『マニピュレーター』いいます。今回はマニピュレーターの支配手口や対策についてご紹介します。比較的多く生息していますので、要注意です。
邪悪な人によるストレス

サイコパスにおける20の特徴と対処法

サイコパス(当記事では※マイルドサイコパスのこと)は保身や利益、欲求解消のために人を利用または支配します。良心や罪悪感、共感性が欠落しているという特徴を有し、そのため人を陥れることに抵抗が無く、常習化しています。厄介なのは法を犯さず、グレーゾーンであるため、基本的に裁かれないこと。つまり、サイコパスは社会に溶け込んでいますので、既にあなたの身近に潜んでいるかもしれません。 この記事ではサイコパスにおける20の特徴と対処法をご紹介します。
邪悪な人によるストレス

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

サイコパス(ここでは主に※マイルドサイコパスのこと)、ソシオパス、サディスト、ナルシスト、マキャベリストは自己保身や自己利益、欲求解消のために本能的かつ無意識的に対象者へ心理的虐待を行います。陰湿な例では対象者に関することを改悪または捏造。そして、それらを平然と利用し、あらゆるハラスメントに用いて、対象者を憂鬱や激怒、絶望、自己嫌悪に追い込み、陥れます。また、職場だけでなく、家庭内や学校でも各種ハラスメント(主にモラハラ)やDV、いじめで心理的虐待は行われます。被害を受けたターゲットはストレス過多により、うつ病や不安障害(パニック障害)等の精神障害を発症する可能性も高いため対策(または対処)が必要です。
邪悪な人によるストレス

身近に潜む危険なストレス要因。5つのタイプ「サイコパス・サディスト・ナルシスト・反社会性・ ? 」

世の中には様々な人間がいます。法律やルールを守り、人に迷惑をかけないのであれば多くの場合、誰だって問題無いと思いますし、色んな人がいてくれた方が楽しくて退屈しません。しかし、中には過去の体験が原因なのか、生まれ持っての資質なのか・・、それを考えると同情しますが「危険なストレス要因」となる人間もいます。特にサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性タイプには要注意。
邪悪な人によるストレス

職場の危険生物によるストレスとメンタルヘルス

「思考力低下」「希死念慮(死にたいと願う)」「強い倦怠感」「憂鬱」などに陥るストレスは危険です。そしてストレス要因の多くが人間関係によるもの。特に上司との人間関係が大半を占めていますが、危険な上司タイプをご存知ですか?対処法とメンタルヘルス対策をご紹介します。
邪悪な人によるストレス

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

ストレスを強く感じる状況(職場)を最近では「ストレスフル」と呼ぶようです。あなたの職場が「ストレスフル」な職場で、周りの方にこのような「変化」があれば、メンタルを病んでいる可能性が高いため、できるだけ気にかけていていただけたらと思います。