身近なものでメンタルケア「緑茶」

緑茶でメンタルヘルス
イラストAC「acworks」様

緑茶

寒くなると熱い緑茶を飲みたくなりますよね。日本といえば緑茶ですが、美味しくて健康にも良いため、近年では人気が高まり、多くの国々で販売されています。

緑茶の歴史

遣唐使が往来していた奈良・平安時代に、最澄、空海など留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の歴史の始まりとされています。そして臨済宗(禅宗の一派)の開祖である栄西が宋でお茶に詳しくなり、日本で効能を説きました。その後、発展したようです1)。

緑茶の成分

緑茶は主にカテキン(8〜20%)、カフェイン(2〜4%)、アミノ酸(1〜8%)で構成されているようです。カテキンにも種類があり、没食子酸エピガロカテキンが最も豊富なカテキン。エピガロカテキンがそれに続きます。テアニンが最も一般的なアミノ酸ですが、アルギニンやグルタミン酸などの他のアミノ酸も茶葉に含まれています2)。

緑茶のメンタルケア効果

緑茶に含まれるテアニンには抗不安作用と鎮静作用があるといわれています。

テアニンは、抗不安作用を持つ抑制性神経伝達物質GABAの活性を高め、ドーパミンと脳内のアルファ波の生成を増加させるようです3)4)5)。

緑茶のカフェインは邪魔しないの?

しかし、緑茶に含まれるカフェインについてはどうでしょうか・・。
認知能力や反応速度などは向上するかもしれませんが、リラックスや癒し等のいわゆるメンタルケアとは正反対な感じがします。

普通、カフェインを摂取すると人間はアデノシンが遮断されることで、疲労感が軽減され、ドーパミンやグルタミン酸などが促され、覚醒または興奮してしまいます。

緑茶特有のメンタルケア

緑茶特有のメンタルヘルス
イラストAC「麦」様

ところが研究によるとテアニンとカフェインの組み合わせが良いらしいのです。

つまり、カフェインとテアニンは相乗効果をもたらす可能性があるとのこと。2つの組み合わせが様々な効果(脳の血行、認知能力、気分、自律神経系などの改善)をもたらす可能性があるようです6)7)。

私自身もなんかわかる様な気がします。リラックスと集中力の両方を得てるような。そんな感じがします。みなさんも是非、意識してみてください。

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションな人たちを見極める

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

参考文献

1)
伊藤園「おーいお茶STORY」
https://www.itoen.jp

2)
Keiko Unno,1,2,* Shigenori Noda,3 Yohei Kawasaki,3 Hiroshi Yamada,3 Akio Morita,4 Kazuaki Iguchi,1 and Yoriyuki Nakamura2
『Reduced Stress and Improved Sleep Quality Caused by Green Tea Are Associated with a Reduced Caffeine Content』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5537891/

3)
Asia Pac J Clin Nutr 2008;17 (S1):167-168167Original ArticleL-theanine, a natural constituent in tea, and its effect onmental stateAnna C Nobre PhD2, Anling Rao PhD2and Gail N Owen PhD
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?anno=2&depth=1&hl=ja&prev=search&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&tl=ja&u=http://apjcn.nhri.org.tw/server/APJCN/17%2520Suppl%25201/167.pdf&usg=ALkJrhiwpKj6gr1UbkLqzl4YFK3luTKgzw

4)
Pradeep J Nathan 1, Kristy Lu, M Gray, C Oliver
『The neuropharmacology of L-theanine(N-ethyl-L-glutamine): a possible neuroprotective and cognitive enhancing agent』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17182482/

5)
Nobuaki Egashira 1, Kazuhide Hayakawa, Megumi Osajima, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Ryozo Oishi, Michihiro Fujiwara
『Involvement of GABA(A) receptors in the neuroprotective effect of theanine on focal cerebral ischemia in mice』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17928735/

6)
Simon P. Kelly, Manuel Gomez-Ramirez, Jennifer L. Montesi, John J. Foxe
『L-Theanine and Caffeine in Combination Affect Human Cognition as Evidenced by Oscillatory alpha-Band Activity and Attention Task Performance』
https://doi.org/10.1093/jn/138.8.1572S

7)
F. L. Dodd, D. O. Kennedy, L. M. Riby, and C. F. Haskell-Ramsaycorresponding author
『A double-blind, placebo-controlled study evaluating the effects of caffeine and L-theanine both alone and in combination on cerebral blood flow, cognition and mood』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4480845/

タイトルとURLをコピーしました