身近なものでメンタルケア「緑茶」

緑茶でメンタルヘルス
イラストAC「acworks」様

緑茶

寒くなると熱い緑茶を飲みたくなりますよね。日本といえば緑茶ですが、美味しくて健康にも良いため、近年では人気が高まり、多くの国々で販売されています。

緑茶の歴史

遣唐使が往来していた奈良・平安時代に、最澄、空海など留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、お茶の歴史の始まりとされています。そして臨済宗(禅宗の一派)の開祖である栄西が宋でお茶に詳しくなり、日本で効能を説きました。その後、発展したようです1)。

緑茶の成分

緑茶は主にカテキン(8〜20%)、カフェイン(2〜4%)、アミノ酸(1〜8%)で構成されているようです。カテキンにも種類があり、没食子酸エピガロカテキンが最も豊富なカテキン。エピガロカテキンがそれに続きます。テアニンが最も一般的なアミノ酸ですが、アルギニンやグルタミン酸などの他のアミノ酸も茶葉に含まれています2)。

緑茶のメンタルケア効果

緑茶に含まれるテアニンには抗不安作用と鎮静作用があるといわれています。

テアニンは、抗不安作用を持つ抑制性神経伝達物質GABAの活性を高め、ドーパミンと脳内のアルファ波の生成を増加させるようです3)4)5)。

緑茶のカフェインは邪魔しないの?

しかし、緑茶に含まれるカフェインについてはどうでしょうか・・。
認知能力や反応速度などは向上するかもしれませんが、リラックスや癒し等のいわゆるメンタルケアとは正反対な感じがします。

普通、カフェインを摂取すると人間はアデノシンが遮断されることで、疲労感が軽減され、ドーパミンやグルタミン酸などが促され、覚醒または興奮してしまいます。

緑茶特有のメンタルケア

緑茶特有のメンタルヘルス
イラストAC「麦」様

ところが研究によるとテアニンとカフェインの組み合わせが良いらしいのです。

つまり、カフェインとテアニンは相乗効果をもたらす可能性があるとのこと。2つの組み合わせが様々な効果(脳の血行、認知能力、気分、自律神経系などの改善)をもたらす可能性があるようです6)7)。

私自身もなんかわかる様な気がします。リラックスと集中力の両方を得てるような。そんな感じがします。みなさんも是非、意識してみてください。

スキルを身に付けて、会社や人間関係のストレスに左右されない人生を目指そう!人から評価され独立も可能です。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。人間関係でメンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に転職やフリーランスを考えよう

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

  

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

参考文献

1)
伊藤園「おーいお茶STORY」
https://www.itoen.jp/oiocha/history/

2)
Keiko Unno,1,2,* Shigenori Noda,3 Yohei Kawasaki,3 Hiroshi Yamada,3 Akio Morita,4 Kazuaki Iguchi,1 and Yoriyuki Nakamura2
『Reduced Stress and Improved Sleep Quality Caused by Green Tea Are Associated with a Reduced Caffeine Content』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5537891/

3)
Asia Pac J Clin Nutr 2008;17 (S1):167-168167Original ArticleL-theanine, a natural constituent in tea, and its effect onmental stateAnna C Nobre PhD2, Anling Rao PhD2and Gail N Owen PhD
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?anno=2&depth=1&hl=ja&prev=search&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&tl=ja&u=http://apjcn.nhri.org.tw/server/APJCN/17%2520Suppl%25201/167.pdf&usg=ALkJrhiwpKj6gr1UbkLqzl4YFK3luTKgzw

4)
Pradeep J Nathan 1, Kristy Lu, M Gray, C Oliver
『The neuropharmacology of L-theanine(N-ethyl-L-glutamine): a possible neuroprotective and cognitive enhancing agent』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17182482/

5)
Nobuaki Egashira 1, Kazuhide Hayakawa, Megumi Osajima, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Ryozo Oishi, Michihiro Fujiwara
『Involvement of GABA(A) receptors in the neuroprotective effect of theanine on focal cerebral ischemia in mice』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17928735/

6)
Simon P. Kelly, Manuel Gomez-Ramirez, Jennifer L. Montesi, John J. Foxe
『L-Theanine and Caffeine in Combination Affect Human Cognition as Evidenced by Oscillatory alpha-Band Activity and Attention Task Performance』
https://doi.org/10.1093/jn/138.8.1572S

7)
F. L. Dodd, D. O. Kennedy, L. M. Riby, and C. F. Haskell-Ramsaycorresponding author
『A double-blind, placebo-controlled study evaluating the effects of caffeine and L-theanine both alone and in combination on cerebral blood flow, cognition and mood』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4480845/

タイトルとURLをコピーしました