ADHD

ADHD

ADHDに対するオメガ3脂肪酸の効果

ADHDの方は何らかの問題でドーパミンが不足しているとされています。ドーパミンは神経伝達物質の一種ですが、オメガ3脂肪酸は神経伝達物質に大きく関与します。事実、オメガ3脂肪酸の欠乏はドーパミン作動性およびセロトニン作動性システムを変化させ、特定の脳受容体に影響を与えることが判明しているようです。
ADHD

ADHDと避けるべき食品や栄養

ADHDは小児期の最も一般的な神経発達障害の1つ。通常、小児期に診断され、成人期まで継続する場合もあります。ADHDの子供は注意力の低下や衝動的な行動の制御に苦労し、とても活動的になります
ADHD

イチョウとADHD

イチョウは、自閉症、うつ病、不安、ADHDの行動的および認知的側面に影響を与える可能性があるようです。ADHDは脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの不足や異常により注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動が症状として現れるといわれていますが、調査によりテルペントリラクトンはADHDの病因と負の関係にある脳由来神経栄養因子であるノルアドレナリンとドーパミンの減少を制御することがわかってきました。
ADHD

古代の薬『イチョウ』

高齢化に伴い認知症が大きな問題となりつつある。認知症には種類があるが近年の日本では血管性認知症ではなく、アルツハイマー型認知症が増加しているようだ。私は認知症といえばイチョウを連想する。というのもイチョウはドイツで脳機能障害の治療薬として利用され、1980年代にはドイツの全薬品中売り上げ第1位を記録した。今回はそんなイチョウについて。
落ち込む

オメガ3脂肪酸とは

青魚食べていますか?青魚の多くはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。「脂(あぶら)」といえば悪者のイメージがあります。しかしオメガ3脂肪酸は悪者どころかとても重要な脂質なんです。αリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸をオメガ3脂肪酸といいます。基本的には血中コレステロール値を改善し、炎症を和らげ血液、血管、筋肉、眼、皮膚、脳など全身へ有益な働きをする特脂肪酸が多いことが特徴です。
タイトルとURLをコピーしました