発育

落ち込む

「産後うつ」とオメガ3脂肪酸

出産後、「マタニティブルー」よりも重度で長続きする「産後うつ」を引き起こす場合があります。マタニティブルーとは違い、産後うつ病は出産後1年以内に発症し、数か月から数年続くこともあるとのこと。育児や日常生活に支障をきたすとされています。
商品掲載記事

「お子様の知的で健康な人生」のためのオススメ商品

提供:photoAC「acworks」様 7歳時点での知能指数は成人後の知能や収入を予測できてしまうようです。そ...
商品掲載記事

「考える力」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

考える力はあらゆる状況下において重要です。仕事や学校はもちろんですが、考える力は私生活においても要求されます。おすすめの栄養素はDHAなどのオメガ3脂肪酸。動物実験では脳のDHAの欠乏がニューロンの発達や変化に影響し、具体的には学習、記憶、聴覚、および嗅覚反応に重大な影響を及ぼすとされています。
落ち込む

脳のサプリ『DHA』

DHAはもはや脳の栄養素として有名です。胎児期からも必要とされる成分なので妊娠中の方はもちろん、お年寄りまで積極的に摂取してください。・・・とはいえ、日頃から「DHAを豊富に含む青魚を取り入れた食生活を送る」というのは料理の手間やコストを考えると大変です。それに魚嫌いのお子様にとっては過酷かもしれません。そんなときはサプリメントを取り入れて食生活を楽にしましょう。
落ち込む

オメガ3脂肪酸とは

青魚食べていますか?青魚の多くはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。「脂(あぶら)」といえば悪者のイメージがあります。しかしオメガ3脂肪酸は悪者どころかとても重要な脂質なんです。αリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸をオメガ3脂肪酸といいます。基本的には血中コレステロール値を改善し、炎症を和らげ血液、血管、筋肉、眼、皮膚、脳など全身へ有益な働きをする特脂肪酸が多いことが特徴です。
タイトルとURLをコピーしました