「PMS」より深刻な病「PMDD」

「PMS」より深刻な病「PMDD」
提供:photoAC「acworks」様

PMDDとは

月経前不快気分障害(PMDD)は重症の月経前症候群(PMS)です。日常生活に支障をきたすレベルの精神症状(攻撃性、うつ症状、睡眠障害、うつ症状、希死念慮など)があらわれます1)。

PMDDのリスクが高い人

PMS・PMDDのリスクが高い人
提供:photoAC「FineGraphics」様

自分もしくは家族がPMSやPMDD、精神障害(うつ病、統合失調症、双極性障害、不安障害、パニック障害など)に罹患したことがある場合、リスクが高くなるといわれています。また生活習慣の問題(睡眠不足、栄養不足、喫煙、大量のアルコール)や考え方(マイナス思考、うつ傾向)、環境に問題(ハラスメントやDV)がある場合など、ストレス過多や鬱の要因に比例してPMDDに罹患するリスクが高くなります1)。

PMDDの症状

PMDDの症状は月経前の1週間にあらわれ、月経が始まってから数日以内に終息します。PMDDの症状は日常生活動作に支障をきたします。精神症状は深刻であるため、主に家庭や職場における人間関係の維持に苦労します。

精神の異常:
過敏、緊張、コントロールの欠如、激しい怒り、不眠症、集中力低下、うつ病、重度の倦怠感、不安、錯乱、忘却、自信の欠落、泣く、希死念慮
身体の異常:
足首、手、足の腫れ、体重増加、尿量の減少、膨満感、便秘、吐き気、嘔吐、骨盤の違和感、腰痛、にきび、口唇ヘルペス、かゆみを伴う皮膚の炎症、頭痛、めまい、失神、痛みの耐性が低下する、動悸、食欲の変化、ほてり、性欲の低下、痛みを伴う月経

参考:1)

PMS・PMDDにオメガ3脂肪酸が効果的かもしれない

PMDDの治療

セルフケア
提供:photoAC「FineGraphics」様

セルフケア

タンパク質と炭水化物を増やし、砂糖、塩、カフェイン、アルコールを減らすための食事の変更、定期的な運動、ストレスマネジメントが有効2)。

オススメの栄養

ミネラル(カルシウム・マグネシウム)
チーズや牛乳などの乳製品、ナッツ類、緑黄色野菜に多く含まれます。

3回の月経周期で1日あたり1,200mgの炭酸カルシウムを補給するとプラセボ治療を受けた女性の30%と比較して、PMSの女性の48%で症状が改善したようです8)。また1日あたり200〜400 mgのマグネシウムを投与すると、膨満感は最小限に抑えられたようです9)10)11)。

カルシウムは安全ですが、高用量で便秘を引き起こす可能性があります。甲状腺ホルモンや抗生物質などの他の薬を服用している場合は、医師に相談してください。マグネシウムの場合、プロトンポンプ阻害剤、利尿剤、抗生物質、またはビスフォスフォネートも服用している場合はに医師に相談してください13)。

ビタミン(主にビタミンB6)
マグロ、サーモンなど魚類、じゃがいもなどデンプン質の野菜、ホルモンに多くふくまれます。

100mgを超えるビタミンB-6を1日量投与する理由はないと結論付けています。そのような用量、そしておそらく50mg /日の用量は、月経前症状を緩和するのに有益である可能性が高いです12)。

サイクロセリン、抗てんかん薬、またはテオフィリンを服用している場合は、ビタミンB-6サプリメントを服用しないでください13)。

薬による治療

鎮痛剤

頭痛、腹痛、腰痛、下腹部痛など、主たる症状が肉体的な痛みの場合には、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)が使われる。
ロキソニン、ボルタレンなどが代表的で、これらの薬は頭痛や月経痛の緩和にもよく用いられる。カロナールなどのアセトアミノフェンもよく使われる。鎮痛剤は痛くなってから服用するよりも、痛くなる前に早め早めに服用するほうが効果的だ。

引用:6)

  

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

重度のPMSおよびPMDDの女性の初期薬物療法としてSSRIは推奨されているようですが、一般的な副作用として、不眠、倦怠感、吐き気、神経質、頭痛、性機能障害などがあります。ですが低い投与量は副作用を最小限に抑えることができるようです。朝の投薬は不眠症を最小限に抑えることができるとのことです2)。

  

利尿薬

月経前症候群のときに水分を保持すると、体重が少し増え、その月のその時期に非常に膨満感を感じることがあります。あなたの医者は利尿剤を処方するかもしれません、それはあなたが自然な手段を通して(より頻繁におしっこすることによって)余分な水分量を落とすのを助ける薬です。
このタイプの薬を服用する必要がある場合、塩分が多すぎると水分が保持されるため、医師は食事中の塩分を減らすように頼む可能性があります。他の薬、特にNSAIDを服用している場合は、必ず医師に伝えてください。NSAIDと利尿薬を同時に服用すると、腎臓に損傷を与える可能性があります。

引用:3)

  

経口避妊薬

経口避妊薬は通常、月経前症状および月経前不快気分障害(PMDD)の治療に処方されます。ただし、この設定での経口避妊薬の使用を支持する証拠は限られています。ほとんどの研究は、経口避妊薬が月経前症状の治療に効果的ではないことを示していますが、低用量のエストロゲンとドロスピレノンと呼ばれる新しいプロゲスチンを含む新しい経口避妊薬、YazがPMDDの症状を軽減する可能性があるという予備的な証拠があります。

引用:4)

   

漢方薬

月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)は、黄体期後期に現れる一般的な障害であり、個人の日常生活に大きな支障をきたします。臨床的証拠は、伝統的な漢方薬(TCM)がPMS / PMDDの症状を緩和する可能性があることを示唆しています。

引用:5)

   

GnRHアゴニスト

卵巣機能を抑制するため月経はなくなり、最終手段の治療となります。女性ホルモンの分泌がなくなるので、更年期障害(ほてり、発汗、不安、イライラ感)や、同年代の人より前倒しに、脂質異常、動脈硬化、骨粗鬆症の病気が起きるリスクがあります。

引用:7)

  

PMSやPMDD、職場の人間関係によるストレスでお悩みの方は「在宅プログラマー」がオススメです

生理痛やPMSでツラい日も「在宅ワーク(在宅プログラマー)」なら、出勤(通勤)する必要がありませんし、休憩しながら働くことができます。

ハーブのお買い求めはこちら

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

参考文献

1)
Health『Premenstrual Dysphoric Disorder (PMDD)』
https://www.hopkinsmedicine.org/health/conditions-and-diseases/premenstrual-dysphoric-disorder-pmdd

2)
『Premenstrual Syndrome』
https://www.aafp.org/afp/2003/0415/p1743.html

3)
webmd『When Do I Need Medicine for PMS?』
https://www.webmd.com/women/pms/medicine-for-pms

4)
MGH Center for Women’s Mental Health『Oral Contraceptives for the Treatment of Premenstrual Mood Symptoms』
https://womensmentalhealth.org/posts/oral-contraceptives-for-the-treatment-of-premenstrual-mood-symptoms/

5)
Mingzhou Gao, MD,a,c Hui Sun, MM,b Wenjun Sun, MD,a,c Dongmei Gao, MD,a,c,∗ and Mingqi Qiao, MDa,c,∗
ncbi『Traditional Chinese medicine on treating premenstrual syndrome and premenstrual dysphoric disorder』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7571909/

6)
医師 宮沢あゆみのコラム「PMSの治療方法」
https://www.ayumiclinic.com/column/0504.html

7)
済生会_兵庫県病院副院長_左右田裕生『月経前不快気分障害(PMDD)』
https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/premenstrual_dysphoric_disorder/

8)
Thys-Jacobs S, Starkey P, Bernstein D, Tian J. Calcium carbonate and the premenstrual syndrome: effects on premenstrual and menstrual symptoms. Premenstrual Syndrome Study Group. Am J Obstet Gynecol. 1998;179:444–52.

9)
Wyatt K, Dimmock PW, O’Brien PM. Premenstrual syndrome. In: Barton S, ed. Clinical evidence. 4th issue. London: BMJ Publishing Group, 2000:1121–33.

10)
ACOG Practice Bulletin. Clinical management guidelines for obstetrician-gynecologists. Number 15, April 2000. Premenstrual syndrome. Obstet Gynecol. 2000;95:1–9.

11)
Walker AF, De Souza MC, Vickers MF, Abeyasekera S, Collins ML, Trinca LA. Magnesium supplementation alleviates premenstrual symptoms of fluid retention. J Womens Health. 1998;7:1157–65.

12)
Katrina M Wyatt, non-clinical lecturer in reproductive endocrinology,a Paul W Dimmock, researcher,a
ncbi『Efficacy of vitamin B-6 in the treatment of premenstrual syndrome: systematic review』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC27878/

13)
healthline『PMS Supplements: 7 Options for Mood Swings and Other Symptoms』
https://www.healthline.com/health/pms-supplements

タイトルとURLをコピーしました