職場や家庭で『ムカついた』時の対策・対処法。ムカつく時はこうしよう!

職場や家庭でムカついた時の対策・対処法
提供:photoAC「TicTac様」

職場でムカッ! 家でムカッ!

生きていれば誰だって、多少はムカつきます。人間ですから。

でも、強い「怒り」の感情って、かなり燃費が悪いんです。

実際、怒っている時って……

   
仕事に集中できますか?

   
私はできません。

生産性が悪くなり、ストレスは自動生成され、体調も社内評価も悪くなります。

そして帰宅しても気分は晴れず、さらにイライラの雰囲気が身内にも伝染。

その結果、身内もイライラ状態に。

いわゆる「職場で上司にムカつき、それを家に持ち帰って、身内もムカつく」という負の連鎖。

これはよくないですね。

そこで今回は「ムカついた(怒り)」時の対処法を仏教と心理療法の視点からご紹介いたします。

   

「ムカついた」時は仏教の教え

「ムカついた」時は仏教の教え
提供:photoAC「 雄太」様

仏教で「三毒の煩悩」という言葉があります。
煩悩(ぼんのう)とは心身を悩ませ、苦しませる欲(欲望や情欲、性欲、承認欲など)のこと。

要するに人生を邪魔する人間特有の本能のことです。邪念とでもいいましょうか。

しかも煩悩には108種類もあります。
108種類もあれば、人生そう簡単にいかないわけです。

そして、その108種類の中で最も戒めるべき煩悩を「三毒」と言います。

   
■三毒とは「貪瞋痴(とんじんち)」のこと

貪(とん)・・・欲望

瞋(じん)・・・怒り

癡(ち)・・・無知

   
つまり仏教の世界で「怒り」とは煩悩であり、毒なのです。

下記は大愚和尚の動画です。参考になりますので、是非ご覧ください。

人生においてムカつく(怒る)という感情が、いかに邪魔であるのかがよくわかります。

真剣勝負に「怒り」ほど邪魔な感情はない。持つべきは「しなやかな強さ」
大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

真剣勝負に「怒り」ほど邪魔な感情はない。持つべきは「しなやかな強さ」。

   

「ムカついた」時はアンガーマネジメント

ムカついたらアンガ―マネジメント
提供:photoAC「TicTac」様

最近では「アンガーマネジメント」というメンタルヘルスも注目されています。
直訳すると「怒りの管理方法」。アメリカで1970年代に開発された心理療法プログラムです。

アンガーマネジメントの目的は怒りが深刻にならないよう管理すること。心身の健康を害したり、怒りで目的や機会を見失っては長い人生において大損です。

・怒りは家族・友情・職場を「壊す」

・怒りは伝染する(特に立場が下の人に伝染する)。つまりリーダー的立場こそアンガーマネジメントが必要。※「中田敦彦のYouTube大学から」一部抜粋

アンガーマネジメントについては中田敦彦さんの動画がわかりやすいので、ご覧ください。

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル

【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル

   

考え過ぎて「ムカついて」いる?

考え過ぎて「ムカついて」いる?
提供:photoAC「acworks」様

ムカつくまでの経緯や状況、原因にもよりますが少し冷静に考えてみましょう。

例えば「挑発」という行為。

   
それを人に対して、やったことありますか?

冗談や「からかい」ぐらいではなく、「挑発」です。

私はありません。人を怒らせる行為なんて意味がないと思いますし、やはり怖いですよね。

個人的には悪意を携え、接してくる人なんて、そんなに多くはないと思うのです。

もちろん世の中には邪悪な人間もいますので、一概には言えませんが……。

 顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

   
例えばある人から侮辱的な発言を受けた場合、その人としては深く考えず、言うなれば「面白ネタ」のつもりで言っただけ、なのかもしれません。※もちろん、それはそれで問題ですが、自分を客観視できない人なので放っておきましょう。勝手に自滅します。

上司からあるテーマについて嫌味ったらしく、ネチネチと指摘を受けた場合、その上司はさらに上の人からそのテーマについて、干されていたのかもしれません。

また、相手の言動や性格またはその組み合わせが、単に自分のコンプレックスやトラウマを刺激しているだけ、なのかもしれません。

だとしたら深く考えず、「あっそ」ってな感じで軽く流しちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました