職場や家庭で『ムカついた』時の対策・対処法。ムカつく時はこうしよう!

職場や家庭でムカついた時の対策・対処法
提供:photoAC「TicTac様」

職場でムカッ! 家でムカッ!

生きていれば誰だって、多少はムカつきます。人間ですから。

でも、強い「怒り」の感情って、かなり燃費が悪いんです。

実際、怒っている時って……

   
仕事に集中できますか?

   
私はできません。

生産性が悪くなり、ストレスは自動生成され、体調も社内評価も悪くなります。

そして帰宅しても気分は晴れず、さらにイライラの雰囲気が身内にも伝染。

その結果、身内もイライラ状態に。

いわゆる「職場で上司にムカつき、それを家に持ち帰って、身内もムカつく」という負の連鎖。

これはよくないですね。

そこで今回は「ムカついた(怒り)」時の対処法を仏教と心理療法の視点からご紹介いたします。

   

「ムカついた」時は仏教の教え

「ムカついた」時は仏教の教え
提供:photoAC「 雄太」様

仏教で「三毒の煩悩」という言葉があります。
煩悩(ぼんのう)とは心身を悩ませ、苦しませる欲(欲望や情欲、性欲、承認欲など)のこと。

要するに人生を邪魔する人間特有の本能のことです。邪念とでもいいましょうか。

しかも煩悩には108種類もあります。
108種類もあれば、人生そう簡単にいかないわけです。

そして、その108種類の中で最も戒めるべき煩悩を「三毒」と言います。

   
■三毒とは「貪瞋痴(とんじんち)」のこと

貪(とん)・・・欲望

瞋(じん)・・・怒り

癡(ち)・・・無知

   
つまり仏教の世界で「怒り」とは煩悩であり、毒なのです。

下記は大愚和尚の動画です。参考になりますので、是非ご覧ください。

人生においてムカつく(怒る)という感情が、いかに邪魔であるのかがよくわかります。

真剣勝負に「怒り」ほど邪魔な感情はない。持つべきは「しなやかな強さ」
大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

真剣勝負に「怒り」ほど邪魔な感情はない。持つべきは「しなやかな強さ」。

   

「ムカついた」時はアンガーマネジメント

ムカついたらアンガ―マネジメント
提供:photoAC「TicTac」様

最近では「アンガーマネジメント」というメンタルヘルスも注目されています。
直訳すると「怒りの管理方法」。アメリカで1970年代に開発された心理療法プログラムです。

アンガーマネジメントの目的は怒りが深刻にならないよう管理すること。心身の健康を害したり、怒りで目的や機会を見失っては長い人生において大損です。

・怒りは家族・友情・職場を「壊す」

・怒りは伝染する(特に立場が下の人に伝染する)。つまりリーダー的立場こそアンガーマネジメントが必要。※「中田敦彦のYouTube大学から」一部抜粋

アンガーマネジメントについては中田敦彦さんの動画がわかりやすいので、ご覧ください。

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル

【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル

   

考え過ぎて「ムカついて」いる?

考え過ぎて「ムカついて」いる?
提供:photoAC「acworks」様

ムカつくまでの経緯や状況、原因にもよりますが少し冷静に考えてみましょう。

例えば「挑発」という行為。

   
それを人に対して、やったことありますか?

冗談や「からかい」ぐらいではなく、「挑発」です。

私はありません。人を怒らせる行為なんて意味がないと思いますし、やはり怖いですよね。

個人的には悪意を携え、接してくる人なんて、そんなに多くはないと思うのです。

もちろん世の中には邪悪な人間もいますので、一概には言えませんが……。

 顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

   
例えばある人から侮辱的な発言を受けた場合、その人としては深く考えず、言うなれば「面白ネタ」のつもりで言っただけ、なのかもしれません。※もちろん、それはそれで問題ですが、自分を客観視できない人なので放っておきましょう。勝手に自滅します。

上司からあるテーマについて嫌味ったらしく、ネチネチと指摘を受けた場合、その上司はさらに上の人からそのテーマについて、干されていたのかもしれません。

また、相手の言動や性格またはその組み合わせが、単に自分のコンプレックスやトラウマを刺激しているだけ、なのかもしれません。

だとしたら深く考えず、「あっそ」ってな感じで軽く流しちゃいましょう。

サイコパスなどに関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

タイトルとURLをコピーしました