2020-11

フラボノイド

ハーブに関する商品

提供:イラストAC「のこ」様 就寝前や帰宅後にオススメしたいハーブ セントジョンズワート パ...
フラボノイド

イチョウに関する商品

提供:イラストAC「ピアノ」様 おすすめの本
カロテノイド

アスタキサンチンに関する商品

提供:イラストAC「猫邑シノ」様 おすすめの本
オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の商品

提供:イラストAC「waka」様 おすすめの本
不安

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

セロトニンが減少すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が異常になり、怒りや不安の増大、切れやすくなったります。そのため最低でもセロトニンを増加させるアミノ酸(トリプトファン)の摂取や日光浴、腸内環境の改善、適度な運動、ストレスの軽減は重要となります。
商品

「寒さ」でお困りの方にオススメのハーブ

人間は「寒さ」を感じると活動力が低下、長期になると健康を害し、体だけではなく心をネガティブにします。そんな時には生姜。生姜の力には信頼性があるようです。実際、寒さに生姜という考えも違和感が無く、もはや定番化しています。もちろんそれは生姜パワーの一部に過ぎません。
怒り

「怒る」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

一般的には不満や不安、気苦労、睡眠不足、糖分の不足が原因で怒りっぽくなるようです。薬物使用時やニコチン、カフェイン、アルコール依存からの離脱時にも発生します。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、ミネラル、タンパク質などです。
商品

「睡眠」でお悩みの方にオススメの商品

メラトニンは自然な眠りを誘い、質の良い睡眠に導くための必要な成分です。そのメラトニンと神経伝達物質の一種セロトニンには深い関係があります。
女性の悩み

「女性特有の悩み」でお困りの方にオススメの栄養とハーブ

周期による女性の悩みは様々です。心や体に様々な悩みを抱えてしまうことがあり、場合によっては生活に支障をきたすことも・・。オススメの栄養素はミネラル、葉酸、タンパク質、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)などです。
商品

「お子様の知的で健康な人生」のためのオススメ商品

提供:photoAC「acworks」様 7歳時点での知能指数は成人後の知能や収入を予測できてしまうようです。そ...
商品

「考える力」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

考える力はあらゆる状況下において重要です。仕事や学校はもちろんですが、考える力は私生活においても要求されます。おすすめの栄養素はDHAなどのオメガ3脂肪酸。動物実験では脳のDHAの欠乏がニューロンの発達や変化に影響し、具体的には学習、記憶、聴覚、および嗅覚反応に重大な影響を及ぼすとされています。
ストレス

「不満」 が溜まっている方にオススメの栄養とハーブ

人間はストレスに晒された時、扁桃体が活性化します。扁桃体が活性化してしまうと些細なストレスにもメンタルが敏感に反応しますので、鎮静化が困難になり長期化する場合があります。おすすめの栄養素はDHA、EPA、抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどです。
商品

「深く落ち込む」ことが多い方にオススメの栄養とハーブ

セロトニンは神経伝達物質の一種。安心感やメンタルへの耐性を与えてくれますので「しあわせホルモン」とも呼ばれます。セロトニンを増やすにはストレスの軽減、腸内環境の改善、日光浴や適度な運動、必須アミノ酸の一種トリプトファンの摂取などが重要になります。ハーブではサフランやブラフミ、高麗人参、セントジョンズワートなどがおすすめ。
商品

「年齢による影響」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

年齢による体やメンタルの悩みにはカロテノイド(アスタキサンチンなど)やポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)などの抗酸化物質がおすすめ。
商品

「あれ・・・なんだっけ??」が多い方にオススメの栄養とハーブ

「あれ・・・なんだっけ」や「ぼんやり」、「うっかり」でお悩みの方。歳を重ねても知的でありたい方は計算や想像など考えるトレーニングがおすすめ。栄養では特にオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は重要です。
オメガ3脂肪酸

ストレスとオメガ3脂肪酸

ストレスに関するオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果を裏付けるデータは数多く存在します。人間はストレスに晒された時、体内でストレスホルモンを筆頭に様々な物質を分泌します。それらの物質が過剰になり、長期化すると細胞は損傷し、重大な病の原因となり得ます。またオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の抗ストレス効果については現在も研究が進められています。
カロテノイド

不安障害と酸化ストレス

不安障害など精神障害には種類も原因も様々ですが「酸化ストレス」も原因の一つとして考えられているようです。
フラボノイド

イチョウとADHD

イチョウは、自閉症、うつ病、不安、ADHDの行動的および認知的側面に影響を与える可能性があるようです。ADHDは脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの不足や異常により注意力の散漫や衝動的で落ち着きのない行動が症状として現れるといわれていますが、調査によりテルペントリラクトンはADHDの病因と負の関係にある脳由来神経栄養因子であるノルアドレナリンとドーパミンの減少を制御することがわかってきました。
落ち込む

冷え性とうつ病

実はこわい冷え性。免疫を低下させるので癌や心筋梗塞の可能性も。また体だけではなくメンタルまで影響をおよぼします。冷え性は代謝を悪化させるのでセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど「うつ病」と関係する神経伝達物質の不足を加速させます。悪化させないためにも様々な方法で体を温めましょう。
不安

不安障害(パニック障害、恐怖症、強迫性障害、PTSD、急性ストレス障害、全般性不安障害)について

私たちの多くは不安を感じます。人間関係や仕事、学校、家庭などでトラブルや問題、人間関係に直面したとき一時的に不安を感じますが、このような反応は正常です。 しかし不安障害の場合、不快な反応が過度に身体や精神にあらわれ、一時的に解消されることはなく繰り返し引き起こす可能性があります。また時間の経過とともに悪化し、仕事や人間関係などの日常生活に支障をきたす場合があります。厚生労働省によると不安障害の下位分類に「パニック障害」「恐怖症」「強迫性障害」「PTSD」「急性ストレス障害」「全般性不安障害」などがあるようです。
ストレス

ストレス

現代社会においてストレス対策は欠かせません。「病は気から」とはよく言ったものです。ストレスはあらゆる病気の原因であり、悪化の原因でもあります。具体的には「うつ病」がその代表ですが、うつ病をきっかけに炎症性サイトカインが過剰となり「心臓病」「癌」「関節炎」など重大な病気を引き起こす可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました