「年齢による影響」が気になる方にオススメの栄養とハーブ

年齢による影響
提供:photoAC「FineGraphics」様

歳を重ねるにつれ、体だけでなくメンタルを含め様々な悩みを発生させます。そして人間である以上、老いは避けて通れないテーマ。できれば進行を遅らせたいものです。定期的な運動や、コミュニケーション、趣味や新しい分野へのチャレンジ、食事内容(栄養バランスやアルコール等)の改善は若々しさの維持や健全なメンタル、他の健康維持にもつながります。

おすすめの商品

イオンの力で美をサポート。プラスイオンが洗顔では落としきれない汚れと仲良しになることでキレイをサポートします。HOT機能とCOOL機能があり、季節や気分に合わせてクレンジングを楽しめます。

エリクシール シュペリエル エンリッチドクリーム。年齢とともに、しなやかさを失いがちな表情に。大切なのは、○○でした。

生酵素、コンブチャ、4種の炭、酪酸菌、麹酵素、乳酸菌を配合した女性向けサプリメント。かなりの人気商品です。

富士フイルム メタバリアEX (90日分 720粒) 。体に余計なものを取り入れたくない方、スッキリさせたい方、健康を指摘された方に嬉しい成分がてんこもりです。

おすすめの栄養

■おすすめの栄養

抗酸化物質(ビタミンEやアスタキサンチン等)、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

■抗酸化物質は特に重要です

抗酸化物質はカロテノイド(アスタキサンチンなど)、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル(亜鉛など一部)等が該当します。人は日常生活をおくるだけで活性酸素が蓄積していきます。体内にも活性酸素を抑制する働きはあるのですが、不規則な生活やストレス、年齢により処理が間に合わない場合があります。そのため食品からも摂取して抗酸化システムの強化をおすすめします。

おすすめのハーブ

タイム

立麝香草、コモンタイムとも呼ばれるハーブ。歴史は古く、古代エジプトやローマでは防腐やお香として使用されてきました。

タイムは古代エジプトで良く利用されていました。ローマ人は勇気と強さの象徴と見なし、戦いの前にタイムを身に着けたり、タイムの束を燃やして家や礼拝所の空気を浄化しました1)。菌を殺す力が高いようで、その特性を活かして「弁当」や「冷蔵庫」の保存材、「うがい液」などに利用している方もいらっしゃるようです。また、メンタルヘルスでお悩みの方からも良く知られるハーブです。

ホーリーバジル(トゥルシー)

RAMA(ラーマ) ノンカフェインの香り良い茶倉イチオシのハーブ茶。 無農薬・無化学肥料栽培 一つひとつ手塩にかけて育て、刈取り後に自然乾燥しています。

ホーリーバジルはヒンディー語でトゥルシー。アーユルヴェーダでは数千年前から利用され続けてきた歴史があり、寿命を伸ばすと信じられ、花弁を混ぜた水は瀕死の者に与えられる他、ラクシュミー女神の化身としても崇められているようです2)。また、ホーリーバジルはアダプトゲンというハーブの一種で軽快な毎日をおくりたい方、メンタルヘルスを考えている方に親しまれています。

クローブ

クローブの他に天草、フェンネル、ワイルドチェリー樹皮、シナモン、オレンジピール、アカニレ樹皮、カルダモン、生姜、モウズイカ、ブラックペッパーがブレンドされています。

原産地はインドネシアのモルッカ群島であり、チョウジとも呼びます。日本における植物和名はチョウジノキ。非常に強い香気を持つので、百里香という別名もあるようです。またクローブは大昔から様々な形で利用されていました。いくつか例を挙げると漢王朝の皇帝に謁見する際の口臭消しとして利用されたり、日本刀のさび止めの丁子油として、中世ヨーロッパではペストのお守りとして利用されていました。現在では香辛料やポプリ、インドのアーユルヴェーダなどに利用されています2)。

ウコン

ウコン(ターメリック)の他、レモングラス、ベルガモットエキス、シナモン、ショウガ、カルダモン、コショウをブレンド

ウコンは伝統医学のアーユルヴェーダで使用されます。もちろん医学の世界だけでなく、料理の世界からも多くの関心を集めているスパイス。昔から二日酔い等の体のサポートに定評があります。ウコンを利用した錠剤やドリンク剤など多くの商品が開発され、沖縄県では缶入りの「うっちん茶」が発売されています2)。また「ぼんやり」やメンタルで困っている方々に嬉しい力がウコンには有るとのことで最近、話題になっていました。

シナモン

スパイシーなシナモン、ジンジャーに爽やかなりんごやオレンジピールなどを加えたフルーティなブレンド。英国の100%オーガニックハーブティーpukka(パッカ)の『アップル&シナモン有機ハーブティー 20TB』

シナモンはそのエキゾチックな味と香りで料理やデザート、お菓子を引き立てる重要な成分。大昔から利用されていて聖書によるとモーセが聖油にシナモンを加えたことを示す記述があるようです。また紀元前2700年前の中国では様々な体のつらい悩みに用いたと記述があるとのこと3)。最近でもシナモンの有益な内容が調査されているようです4)。シナモンは外見、メンタル、不規則な生活が気になる方におすすめです。

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

おすすめの本

缶詰でDHA・EPAを摂取すれば手軽でリーズナブル。是非、お料理に

漢方薬剤師の堀江昭佳さんが執筆された本。血流は体だけでなく心にも影響を与えます。

私のサケへの想いが本になっていました(^^)サケってすごいんですよ。ほんとに。是非、読んでみてください。

アスタキサンチンの美容効果についてはもちろん、アスタキサンチンについて詳しく記されています。

アスタキサンチンについて、とことん詳しく

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)も油ですが素晴らしい油です。油の考え方が変わる一冊です。

オメガ3脂肪酸の重要性がわかる一冊。おすすめです。

モーニングコーヒーにオメガ3脂肪酸!一日のはじまりが良いと一日中良い感じになれます。

脳のパフォーマンスを最大化する方法が満載です

オメガ3脂肪酸(DHAやEPA)はただの油ではありません。

食事内容と認知力には深い関係があります。魚だけでなく肉も重要です。

缶詰でDHA・EPAを摂取すれば手軽でリーズナブル。是非、お料理に

漢方薬剤師の堀江昭佳さんが執筆された本。血流は体だけでなく心にも影響を与えます。

食事と学習力。勉強になります。

美術鑑賞で学力にアプローチします。アメリカ発!

おすすめ記事

好きなモノをつくってお金を稼ごう! レトロなロールプレイングゲーム(RPG)をつくってみました! プログラミング楽しーヽ(^o^)丿

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

邪悪な人に関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

『暗示』を得意とする邪悪な人。マニピュレーターによる洗脳とその手口について

マニピュレーターになる原因とは。共感力が欠落する経緯について。

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

陰湿な嫌がらせと『カバートアグレッション』の違いと対処法について

脆弱型ナルシストに利用され、腐敗しはじめている会社の特徴5選

なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

フレネミー? いいえ、その人は『パラノイア』です。ちょっとしたことで敵へと豹変する人たちについて

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

多くの人がついやってしまう『人から嫌われる不快な行動5選』

本物のぼっち【シゾイドパーソナリティ障害】。職場で『ぼっち』になったらどうしよう。この記事を読んでいるあなたなら大丈夫。【新社会人および就活者向け】

なぜ『おとなしい人』は意地悪な人から目を付けられるのか。なぜなら『承認欲求が強い人』と『おとなしい人』との相性は最悪だからです

HSPで仕事や人間関係に疲れる。そして生きづらい。もう限界だと思っている方へのシンプルな対処法

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

参考文献

1)
the Spruce Eats『What Is Thyme?』
https://www.thespruceeats.com/all-about-thyme-996135

2)
ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki

3)
有限会社 西欧館
『スパイスとして有名な「シナモン」』
https://www.seiokan.net/blank-2

4)
Pallavi Kawatra and Rathai Rajagopalan
『Cinnamon: Mystic powers of a minute ingredient』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4466762/

タイトルとURLをコピーしました