アルツハイマー型認知症とDHA

当ページはアフィリエイト広告を利用しています

記事内に広告が含まれています。
認知症
提供:イラストAC「きのこ」様

アルツハイマー型認知症とは

まず認知症とは老化による認知機能の衰えではなく、病的に認知障害となっている症状のこと。血管性認知症、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症などに分類されますが患者の半数がアルツハイマー型認知症といわれています。

アルツハイマー型認知症は認知症の6割強を占め、世界における患者数は2050年に1億人をはるかにこえると予測されています。

特徴として脳に「*老人斑」や「*神経原線維変化」などが顕著に多く現れます。発症後、認知機能の衰えや人格変化が徐々に進行しする病気。

老人斑・・・アミロイドβ蛋白(Aβ)が脳に沈着、蓄積し「染み」になっている状態

神経原線維変化・・・異常にリン酸化したタウ(タンパク質の一種)が神経細胞内で蓄積し、脳神経が糸くず状に固まること

アルツハイマー型認知症は難病

アルツハイマー型認知症の原因について仮説が幾つかありますが、完全に解明はされていません。

ですが原因として最も有力とされるのが「アミロイド仮説」です。

アミロイド仮説とはAβ(アミロイドベータ、アミロイドβ、アミロイドβタンパク等と同義)が脳内へ蓄積し「老人斑(アミロイド斑)」が形成された後、その毒性により神経原線維変化や神経細胞死を引き起こし、認知機能の衰えが進行するという仮説です。

具体的には正常な人にもAβは存在するのですが、通常はミクログリアという免疫を担当する細胞が貪食し、排除してくれます。ですがそうではない場合、ミクログリアでは処理しきれずにAβが蓄積し、毒性によって神経細胞が死んでいくという内容です。

しかし更に厄介なことが。Aβだけでなく、この味方であるはずのミクログリアにも少々問題があるのです。

ミクログリアは活性化することで※炎症性サイトカインや※一酸化窒素、※活性酸素(ROS)などを放出するのですが、過剰に放出された場合、慢性的な炎症で神経細胞死につながり神経変性疾患(アルツハイマー病など)を悪化させるともいわれています。

炎症性サイトカイン・・・サイトカインの一種。まずサイトカインとは免疫の増強や制御、細胞の増殖や分化を担う低分子タンパク質のことで人体にとても重要。免疫機能として重要だが、過剰な発現は慢性的な炎症を引き起こし、あらゆる疾患を悪化させる

一酸化窒素・・・常温で無色、無臭の気体。体内では血管拡張作用がある。過剰になると低血圧を招く

活性酸素(ROS)・・・免疫機能において有益な役割を担当するが、過剰な生成は細胞を破壊し人体にとって害となる

DHAと炎症性サイトカイン

前述の過剰に放出された炎症性サイトカインですが、オメガ3脂肪酸の一種であるDHAやEPAが炎症性サイトカインを抑制したという研究内容が下記です。

炎症誘発性サイトカインがアルツハイマー病(AD)で病原性の役割を果たす可能性があり、n-3多価不飽和脂肪酸がこの疾患の発症と進行を予防する可能性があるとの仮説が立てられています。エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の混合物を食事として補給したAD患者からのリポ多糖(LPS)刺激末梢血単核細胞(PBMC)による炎症性サイトカインの放出の減少が最近報告されました

【n-3多価不飽和脂肪酸】オメガ3脂肪酸。DHAやEPAなど
【炎症性サイトカイン】
免疫機能として重要な役割を担うが、過剰になると慢性的な炎症を引き起こしあらゆる疾患を悪化させる

Simona Serini 1, Alessandra Bizzarro, Elisabetta Piccioni, Elena Fasano, Concetta Rossi, Alessandra Lauria, Achille R M Cittadini, Carlo Masullo, Gabriella Calviello
『EPA and DHA differentially affect in vitro inflammatory cytokine release by peripheral blood mononuclear cells from Alzheimer’s patients』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22299617/

下記は炎症性サイトカイン以外の物質の過剰産出も制御してくれるという内容です。つまり※シクロオキシゲナーゼ等の過剰な分泌を抑制することで比較的軽度のアルツハイマー型認知症やうつ病に対して有益な効果が期待できるようです。

シクロオキシゲナーゼ・・・炎症や腫瘍、サイトカインなど様々な刺激で発現が誘導され反応を促進させる

最近の研究では、アルツハイマー病(AD)におけるω-3脂肪酸の有益な効果が強調されています。これは、抗酸化作用、抗炎症作用、抗アポトーシス作用、神経栄養作用に起因する可能性があります。この効果は、ω-3脂肪酸の個別または組み合わせの摂取によって得られました。抗炎症効果は、核内因子κBを抑制することにより、サイトカインおよび単球走化性タンパク質-1レベルの低下に起因する可能性があります。さらに、それらはシクロオキシゲナーゼ-2および一酸化窒素シンターゼ-2活性を阻害します。<中略>全体として、それらは非常に軽度のADおよび大うつ病性障害の認知機能を改善するのに有益です。

【AD】アルツハイマー病
【ω-3脂肪酸】
オメガ3脂肪酸。DHAやEPAなど
【核内因子κB】
様々な刺激で活性化する。炎症反応や細胞増殖に影響する
【単球走化性タンパク質】
おそらくCCL2のこと。ケモカインの一種で単球、メモリーT細胞、樹状細胞を損傷、感染による炎症部位に動員させる。しかし過剰は人体に害(1)
【シクロオキシゲナーゼ】
様々な刺激で発現が誘導され反応を促進させる
【一酸化窒素シンターゼ-2】
おそらくNOS2のこと。炎症性サイトカインの反応促進に関与


Thekkuttuparambil Ananthanarayanan Ajith
『A Recent Update on the Effects of Omega-3 Fatty Acids in Alzheimer’s Disease』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30084334/

そもそもDHAとは

ドコサヘキサエン酸(DHA)とは多価不飽和脂肪酸に分類されるオメガ3脂肪酸の一種で他にもαリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)があります。

青魚に多く含まれサバやマグロ、鮭、さんまに多く含まれます。

DHAの主な働きは下記の通り。

1.赤血球の形態変化による血液への影響
2.細胞膜に必要な成分
3.脳に影響する
4.代謝物質レゾルビンなどの影響による抗炎症作用
5.コレステロール値に関係
6.EPAと同時摂取で相乗効果が期待される
7.アトピー症状について良い報告もある

DHAはニューロンの成長を促す

下記引用はDHAがホスファチジルセリンを増加させるという内容です。

ホスファチジルセリンとは脳細胞に多く存在するリン脂質。アセチルコリンやドーパミン、セロトニンなどの神経伝達物質分泌に関与している為、認知機能など脳のあらゆる機能にとって重要な物質です。

n-3脂肪酸の状態による膜の変化がAktシグナル伝達に影響を及ぼし、ニューロンの生存に影響を与えるメカニズムを示します。神経細胞膜に高度に濃縮されたn-3多価不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)は、細胞膜の主要な酸性リン脂質であるホスファチジルセリン(PS)を増加させる能力を通じて、Aktの膜移行/活性化を促進することにより神経細胞の生存を促進します。

【n-3脂肪酸】オメガ3脂肪酸(DHAやEPAなど)
【AKTシグナル伝達経路】
タンパク質の合成など細胞の増殖等に関与する
【ホスファチジルセリン】
細胞膜を構成するリン脂質の一種。脳に多く存在

Mohammed Akbar, Frances Calderon, Zhiming Wen, and Hee-Yong Kim*
『Docosahexaenoic acid: A positive modulator of Akt signaling in neuronal survival』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1182431/

DHAは海馬に重要

海馬(かいば)は、大脳辺縁系の一部。脳の記憶や学習に関わる脳の器官。アルツハイマー病における最初の病変部位としても知られており、最も研究の進んだ脳部位です。(1)

DHAが豊富な食事は、Ca 2+ /カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ(CaMKII)を活性化することがわかりました。このシグナリングカスケードは、学習と記憶のために重要であり、海馬における長期増強の誘導および維持に重要な役割を果たしている

Ca 2+ /カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ(CaMKII)・・・シナプス可塑性や遺伝子発現制御、細胞骨格制御などの神経機能修飾において幅広い役割を担う(2)

J. Thomas, 1 C. J. Thomas, 1 J. Radcliffe, 2 and C. Itsiopoulos 2 , *
『Omega-3 Fatty Acids in Early Prevention of Inflammatory Neurodegenerative Disease: A Focus on Alzheimer’s Disease』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4537710/

会社や人間関係のストレスに左右されないためにも「スキル」を身に付けましょう。人から評価され、独立も夢じゃありません。

在宅ワーク(在宅プログラマー)であれば職場特有の人間関係によるストレスが皆無。メンタルを病む心配がありません。また、通勤する必要もなければ休憩しながら働くこともできます。プログラミングスクール費用もプログラマーになればスグに取り戻せますので、是非おすすめ。プログラミングスキルを身に付けましょう。

スキルを身に付けて、会社に左右されない人生を目指そう!「Youtuberになりたい!」、「英語スキルが欲しい!」、「とにかくITスキルが欲しい!」「プログラミングできるようになりたい」「デザインや美容スキルを身に付けたい」などをご希望の方は下記をご覧ください。

メンタルを病む前に「転職」でメンタルヘルスしよう

職場におけるメンタルヘルスは重要です。

メンタルヘルスに良い思考術や生活習慣、栄養、ハーブなどメンタルに効果的な方法は色々あります。でも何をやっても効果がない。

メンタルを病むと完治まで数年以上かかるといわれます。治る前に亡くなる方もいらっしゃいます。

そこまで自分を追いつめる理由は一体何でしょう・・?

転職を考えている方はこちら
・女性向け転職サイト追加しました
・障がい者向け転職サイト追加しました
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介
・在宅ワークに必要なスキルを習得できるスクールなど

フリーランスや起業を考えている方はこちら
・スクール、講座などスキル強化のサイトも多数紹介

おすすめ記事

【JavaScriptライブラリ『jQuery』プログラミング】レトロなブラウザゲームをつくってみたよ!^^)

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

邪悪な人に関する記事

身近に潜んでいる陰湿で邪悪な支配者『マニピュレーター』

カバートアグレッションになる原因と対策・対処法

マニピュレーターの弱点と対策について。操りたがる人たちが恐れる『無敵の人』

『マニピュレーター』対策と弱点について。邪悪な人たちを寄せ付けない『忍びの心得』

『暗示』を得意とする邪悪な人。マニピュレーターによる洗脳とその手口について

マニピュレーターになる原因とは。共感力が欠落する経緯について。

閉塞感をともなうモラハラ。受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)による『受動的攻撃行動』

今後、激増するかもしれない『職場のガスライティング』その種類と対策について

現代社会が生んだモンスター『カバートアグレッションを有するマニピュレーター』による深刻な『いじめ』

陰湿な嫌がらせと『カバートアグレッション』の違いと対処法について

脆弱型ナルシストに利用され、腐敗しはじめている会社の特徴5選

なぜ、あの人は「いじめ加害者」に寄り添うのか。~フライングモンキーの心理について~

脆弱な自尊心を抱えるナルシスト(NPD)に味方する厄介な取り巻き『フライングモンキー』の対策・対処法

フレネミー? いいえ、その人は『パラノイア』です。ちょっとしたことで敵へと豹変する人たちについて

職場のサイコパス、ナルシストなどが行う「心理的虐待(ガスライティングなど)」の虐待例と対策及び対処法

ストレスフルな職場で注意すべきメンタルや身体の危険な症状

邪悪どころではない危険な性質『サディスティックパーソナリティ障害(SPD)』とは。サディストの種類やその危険性について

「近づいてはいけない人達」を初見で見極める

毒親による病的ナルシスト『自己愛性パーソナリティー障害』

ナルシストとソシオパスを見極める

職場や家庭でサイコパスの有害性に匹敵する「ソシオパス(社会病質者)」

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』

静かに攻撃する人達『受動攻撃性パーソナリティ障害』
人は思い通りにならないと「不満」を感じます。通常はコミュニケーションを通じて、解決しようと試みますが・・・、そうではなく、直接相手に主張することはせず、約束を破る、さぼる、遅らせる、黙る、態度が悪くなる、不機嫌になる、否定的になる、敵対的になる、やたらと不平不満や批判、愚痴、デマ、恨み言、皮肉を口にするなど・・。このような拒絶的または受け身的なやり方で、攻撃感情を表現する人達がいます。ですが、彼(彼女)らは当ブログで頻繁に登場するナルシスト、反社会性タイプ(サイコパスやソシオパス)などの危険なパーソナリティーのように「称賛」や「利益」など何らかの明確な目的でこのような振る舞いをしているわけではありません。一見すると危険性は然程ないように思えます。とはいえ、仕事では不満になると意図的に作業効率を落とし、生産性を悪化させ、人間関係では不規則に強いストレスを放ち、更に他者依存的で同調圧力に弱く、場合によっては「いじめ」の加害者側に属します。今回はこのような特徴を有するタイプ『受動攻撃性パーソナリティ障害(PAPD)』についてご紹介します。

ナルシスト(NPD)による『ガスライティング』の特徴と対策

サイコパスが上司の場合は悲惨です。ですがサイコパスは社会的に成功している場合があります。もし上司がサイコパスに該当する場合は早めの対策を。下記はサイコパス上司とクラッシャー上司についての特徴と対策

サイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の他にも危険なタイプが存在します。下記はサイコパスやサディスト、ナルシスト、反社会性の特徴をもつ危険なタイプについて

サイコパスを事前に把握し、対策することで、被害を回避、軽減できます。下記はサイコパスにおける20の特徴と対処法について

「怒り」の種類と、その「怒り」裏に隠されているかもしれない障害のタイプをご紹介します。「怒り」で周りの人や自分に潜む「パーソナリティー障害」や「精神障害」がわかるかもしれません。

婚活で注意したいサイコパス『ハイスペック(高収入)男子』

メンタルヘルスに関する記事

無愛想な人と仕事をするときの心構え

周りの目(他人の目)が気になる人への処方箋

多くの人がついやってしまう『人から嫌われる不快な行動5選』

本物のぼっち【シゾイドパーソナリティ障害】。職場で『ぼっち』になったらどうしよう。この記事を読んでいるあなたなら大丈夫。【新社会人および就活者向け】

なぜ『おとなしい人』は意地悪な人から目を付けられるのか。なぜなら『承認欲求が強い人』と『おとなしい人』との相性は最悪だからです

HSPで仕事や人間関係に疲れる。そして生きづらい。もう限界だと思っている方へのシンプルな対処法

メンタルを強くする2つの方法と即席で強化する思考術

『傷つかない考え方』と『傷つきやすい人』について。とある『傷つきやすい人』実は○○○○○かもしれません

職場特有の人間関係や将来性に強いストレスや不安を感じている方は「在宅プログラマー」への転職(再就職)がオススメ

不安や辛い過去に響くお釈迦様の教え「一夜賢者の偈」

落ち込む(気持ちが沈む)メンタルに効果的な4つのメンタルヘルス(アジェンス思考・習慣・栄養・ハーブ)

不満(イライラ・ムカつく・ドキドキ)なメンタルに簡単でスグにできる効果的な4つのメンタルヘルス(瞑想常駐(めいそうじょうちゅう)・習慣・栄養・ハーブ)

将来が不安な方はスクールに行って手に職をつけよう。プログラミングやデザイン、英語は特にオススメ。

精神を病む前に辞めてしまおう。お金ではなく、スキルを稼ごう。スキルは転職やフリーランス、起業における最強フリーパス

『○丼』によるメンタル対策「不安・緊張(プレゼン・スピーチ・商談・転職・就職活動・面接)にかなりオススメ」

職場でメンタルを回復する方法。オキシトシンをフル活用しよう!

不安なメンタルを解消・軽減しよう!「思考・習慣・栄養・ハーブ」による4つのメンタルヘルス

「不安」を感じやすい方のための栄養とハーブ

重い生理痛やPMS、職場特有の人間関係、ライフステージによる仕事のストレスや不安がある方は「在宅プログラマー」へ転職(または再就職)しよう

参考文献

(1)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki

(2)
脳科学辞典について
『カルシウムカルモジュリン依存性タンパク質キナーゼ』
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/